発酵食品学科


発酵食品学科

学科概要

バイオテクノロジーで拓く 21世紀の「食」と「健康」

食物栄養学科コース

発酵食品は美味しくて、栄養豊富で保存性の高い食べ物です。わが国には日本酒、味噌、醤油、納豆、酢、漬け物など、固有の発酵食品がありますが、ヨーグルト、チーズ、ビール、ワイン、パンなども身近な発酵食品です。発酵食品は一口で言えば " 微生物の贈り物 "、伝統的なバイオテクノロジーの産物です。発酵食品学科は日本でも数少ない醸造発酵学を基盤とする学科ですが、新しいバイオ研究にも果敢に挑戦しています。微生物を探し、微生物を育て、微生物から学び、そして微生物を活用しながら醸造発酵、食と健康、食品流通、食品香料、環境保全分野の教育・研究を展開します。

check

発酵・醸造メーカーと連携

発酵・醸造メーカーと連携

九州学生本格焼酎プログラム(QSP)へ参加し、九州の大手焼酎メーカーの方に講演をしていただき、各焼酎の特色や歴史、お酒との付き合い方を学びます。また、大分県酒造組合との共同研究も行っています。教員だけでなく企業の発酵や醸造のプロたちからも学ぶ機会が多く、現場での実践力を鍛え、専門知識をより深めることができます。

コース・専攻

学びのポイント

POINT1

醸造・発酵とバイオの専門技術者養成を専門として教育・研究を展開しています。即戦力につながる学習内容は就職にも有利です。

POINT2

企業において重要とされる流通学や経営学について専門的な知識を習得できます。

POINT3

食品・飲料品、そして継承品などの香粧品に含まれる様々な香りの成分についての専門知識とスキルを学べます。

4年間の学びの流れ

4年間の学びの流れ
  • 発酵食品コース専門科目
  • 食品流通コース専門科目
  • 食品香料コース専門科目

履修モデル

1年

科目区分科 目
教養科目 基礎ゼミ ◎導入演習(発酵食品) ◎基礎演習(発酵食品)
英語 ◎総合英語Ⅰ ◎総合英語Ⅱ ◎英語コミュニケーションⅠ
◎英語コミュニケーションⅡ
人間の探求 ◎哲学における人間と社会
現代社会の理解 ◎法学(日本国憲法)
科学技術と環境 ◎科学技術論 ◎細胞からみた生命
情報処理 ◎情報リテラシーⅠ ◎情報リテラシーⅡ
運動と健康 ◎スポーツと健康
国際理解のための言語 ◎韓国語Ⅰ ◎韓国語Ⅱ
専門科目 専門基礎科目 ◎基礎化学 ◎分析化学 ◎有機化学 ◎分析化学実験
◎細胞生物学 ◎生化学I  ◎生化学実験
◎生命倫理学 ◎食品学 ◎医学概論
専門科目 ◎発酵食品学

2年

科目区分科 目
教養科目 英語 ◎総合英語Ⅲ ◎総合英語Ⅳ
人間の探求 ◎文学Ⅰ
専門科目 専門基礎科目 ◎微生物学 ◎分子生物学 ◎生化学Ⅱ 
◎微生物工学 ◎微生物遺伝学 ◎微生物工学実験
◎栄養化学 ◎食品分析学 ◎食品分析学実験
◎食品衛生学 ◎公衆衛生学総論 ◎公衆衛生学各論
◎食品衛生学実験
専門科目 ◎生体機能分子学実験 ◎味噌・醤油製造学
◎酒類製造学 ◎バイオテクノロジー論
◎品質鑑定論 ◎発酵食品開発学

3年

科目区分科 目
専門科目 専門基礎科目 ◎食品化学 ◎食品保蔵学 ◎細胞工学
専門科目 ◎醸造微生物学 ◎酵母学 ◎調味食品学
◎酒類生産学実験 ◎環境微生物学
◎醸造環境学 ◎資源環境科学総論
◎細胞工学実験 ◎微生物バイオテクノロジー論
◎醸造・発酵産業論 ◎醸造・発酵経営論
◎知的財産所有論 ◎臨地実習Ⅰ ◎臨地実習Ⅱ

4年

科目区分科 目
基礎スキル科目 ◎論文作成法
専門科目 専門科目 ◎食品関係法規
◎バイオテクノロジー論演習Ⅰ
◎バイオテクノロジー論演習Ⅱ
◎外書購読 ◎卒業論文

取得可能な資格・免許状

  • 高等学校教諭一種免許状(理科)〔申請中〕(※)
  • 中学校教諭一種免許状(理科)〔申請中〕(※)
  • 司書・司書教諭
  • 学芸員
  • 食品衛生管理者
  • 食品衛生監視員
  • フードサイエンティスト
  • バイオ技術者(中級・上級)受験資格
※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程が変更となる可能性があります。

卒業後の進路