附属図書館

附属図書館

附属図書館

教育と研究の中核としての図書館

 大学図書館は、大学の教育と研究に必要な図書、雑誌、資料等を所蔵し、利用に役立てる場であり、同時に学生が自主的に学習を行う場でもあり、また必要な情報を検索し提供を受ける場でもあります。つまり、高等教育と学術研究活動全般を支える重要な学術情報基盤の役割を担っており、教育研究に不可欠な中核となる総合施設であるといえます。
 今日はインターネットの普及により、利用者はWeb上の多様な情報源にアクセスすることができます。そのような中で図書館は、教育研究に必要な電子情報源、印刷物、視聴覚資料等も含めて多様な情報源を提供しつつ、学生の自学自習を支援することが求められています。
 もともと大学は、真理としての普遍的価値を持つ学問的知識を探求し、学んでいく場所でもあります。それは、教員から学生に伝達されるだけでなく、学生が自ら書物等を通して学んでいくべきものです。そのような主体的に学ぶ最適の場として図書館があります。
 図書館は、以上のような大学図書館が本来果たすべき使命を遂行していくために今後も努力を重ねていきたいと思います。

附属図書館長 仲嶺 真信


附属図書館の特色

 本学図書館は、約34万冊の図書のほか約960種の雑誌などがあり、これらの資料は主に別府キャンパスの「附属図書館」とラーニング・コモンズ(国際経営学部棟図書室)、大学院図書室に備え付けており、ほとんどの資料は利用者が直接手にとって見ることができる開架方式を採用しています。附属図書館には蔵書の検索やインターネット利用者のためにパソコンや無線LAN、有線LANが整備されており、自由に使うことができます。また、図書館ホームページは図書館案内や学内及び他機関の資料検索、購入希望図書などのページがあります。このほかそれぞれの利用者専用のページとして貸出状況や図書館からの連絡事項などを見ることができるMy Libraryを用意しており、さらに広報として「ARGONAUTES 」を刊行しています。ぜひご覧ください。


所在地・連絡先

〒874-8501大分県別府市北石垣82
Tel. 0977-67-0101 Fax. 0977-66-9696
library@beppu-u.ac.jp
https://ufinity.beppu-u.ac.jp/

アクセス