発酵食品コース

コース概要

微生物を利用した醸造・発酵の世界を探求

発酵食品コース

微生物は、食品衛生、醸造、食品製造、環境浄化など、多くの面で私たちの生活に深く関わっています。発酵食品コースでは、この微生物についての基礎を徹底的に学び、伝統的な日本酒、焼酎などの醸造、醤油・味噌などの発酵食品から、先端のバイオテクノロジーを利用した環境浄化、エネルギー・薬品の生産まで、発酵関連のさまざまな分野でスペシャリストとして活躍できる人材の育成を目指しています。

コースの特色

発酵食品と微生物を研究する

発酵食品の製造や分析の技術習得を重点的に行い、発酵食品製造のスペシャリストとして即戦力となるための力を身につけます。また、微生物が関わる食の安全、および、微生物を用いたバイオテクノロジーである環境浄化、エネルギー・薬など有用物質生産の技術・研究法も身につけます。

私の大学生活

発酵食品_池見俊亮_9052.jpg
Student’s voice

学生が酒造関係企業と共同研究できる!酒造りに本気で取り組む僕には最高の環境です。

発酵食品コース 
池見 俊亮さん
大分県立大分東高校出身
open

別大ブランドの焼酎が作りたくて

酒造会社に就職したくてこのコースを選びました。先輩の研究を引き継ぎ、大学ブランドの焼酎造りを進めています。自分の研究を深めつつ、企業との「つながり」もできました。実際、酒造会社に内定をいただきました。

酵母の授業と各種実験

人類が経験から生み出した加工保存技術のすばらしさを知り、とても興奮したのを覚えています。午後2時間続けて行われる実験も器具の取扱い方を含め、一人で研究を進めていくうえで大変役に立ちましたね。どちらも1年次に履修した内容です。

実験機器のマニュアルを作成

以前は分からないことがあると先輩に聞いてばかりいた僕が、「オートサンプラー」という機器の操作マニュアルの作成を頼まれました。今後3年生達の講義で使われると聞いています。自分的にはよくできたんじゃないかと思っています(笑)


発酵食品_木本大地_8196.jpg
Student’s voice

社会の役に立ちたい!バイオアルコール生産菌の研究から未来のエネルギーを考える。

発酵食品コース 
木本 大地さん
大分県立大分東高校出身
open

生物を学んだのは大学からでした

高校までは物理を学んでいたので、大学で初めて「生化学」の講義を受けたときは、生体内の仕組みに感心しました。生命現象を理解していくうちに、現在研究しているバイオアルコール生産菌に興味が湧いていきました。

実験手順を見直す"素直な心"

講義や実験など学ぶものはたくさんありましたが、失敗した実験の手順をもう一度見直す"素直な心"が重要だと気づいたことが一番成長したところだと思います。「自己流にならず、先生の話をちゃんと聞く」当たり前のことですけどね(笑)

卒論をまとめたら次のステップへ

卒業論文ではバイオアルコールの生産量を増加させることができないかと研究をしていますが、残念ながら成功には至っていません。今後は大学院への進学が決まっていますので、それまでにタンパク質について見聞を深めたいと思っています。


発酵食品_安部周十_8208.jpg
Student’s voice

進学するなら理系学科。身近だけど、よく知らない"発酵食品"に興味を持ちました。

発酵食品コース 
安部 周十さん
大分県立由布高校出身
open

環境汚染のニュースが気になる!

小さい頃からよくニュースで流れていた"環境汚染問題"がとても気になっていました。現在研究している内容も、有害物質(ポリ塩化ビフェニル)を分解する微生物に関するものです。

細胞を光らせる実験

真核細胞に光る遺伝子を組み込む"細胞工学実験"が特に印象に残っています。実験の手順や手法を手際よくできるようになったことに成長を感じますね。

チーズ検定

学内で講義を受講し、その後検定を受け合格しました。チーズに関するちょっとした豆知識を持っているといった感じですね。イタリアではチーズを担保に銀行から融資を受けることができるそうですよ!僕が好きなチーズは、"さける"タイプの「唐辛子味」です(笑)

講義ピックアップ

微生物バイオテクノロジー論

食糧、環境、エネルギー、資源、医療など多くの分野に関わるバイオテクノロジーは微生物を利用しています。講義ではバイオテクノロジー利用の現状を学び理解を深めます。

微生物工学

微生物とは目に見えない小さな生物のことです。微生物の生態、遺伝や代謝等について詳しく学び、微生物を用いた汚染物質分解など、微生物の利用法について理解を深めます。

食品分析学

食品中の炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラルなどの量を正確に分析することは、食品を化学的に評価する上で極めて重要です。食品成分の分析の原理と方法について学びます。

酒類生産学実験

発酵食品の製造には複数の微生物の働き―微生物の共生活用―が必要になります。その代表が清酒製造で、実験では各自が清酒製造を通して微生物の共生活用を学びます。