国際経営学部

学部概要

幅広い領域で学び 活躍の舞台を世界へ

今日の世界においては、社会、経済、文化のグローバル化が急速に進展し、国際的な流動性が高まっています。その結果、学技術の進歩と社会の高度化・複雑化や急速な変化が生じ、既存の知識体系や技術では対応しきれなくなってきています。このような状況を踏まえ、本学においても教育研究のグローバル化を進めて質の高い教育を提供し、国際的に活躍できる人材の養成に貢献することが必要です。そこで、国際経営学部は、グローバル化、情報化、地域貢献の視点から、時代のニーズに即応した人材を養成します。

学科

学部長あいさつ

「今までになかったものを夢見る人」から、
「その夢を実現させる人」へ

国際経営学部長中山 昭則

open

国際経営学部は今年で10年目を迎えます。これまで国際感覚を持って地域で活躍できる人材育成を目指し、国際経営、会計・税理士、観光・地域経営の3コースを設置し、学生たちへの教育・研究指導に力を注いできました。
 私たちが求める人材は、J.Fケネディーのこの言葉に尽きます。曰く『We need men who can dream of things that never were. (私たちは、今までになかったものを夢見ることができる人々を必要としている)』。
 国際経営学部は、「世界の動向を見渡せるマクロな視野と多様な知識の習得」「地域の課題を見抜くミクロな視点と深い専門性の習得」「習得した知識を活かせる資格の取得」を実現するためのカリキュラムを組んで、夢を見る人々が学ぶ環境を整えています。さらに今年度から地域の未来を切り拓くスキルの習得を目指す「地域創生プロジェクト」を創設しました。
 さあ、国際経営学部で国際感覚を持った知識人としてのスキルを修得して「今までになかったものを夢見る人」から、「その夢を実現させる人」へとジャンプアップしましょう。

国際経営学部構成図