附属博物館(平成28年度中休館)

附属博物館(平成28年度中休館)

附属博物館(平成28年度中休館)

わが国の博物館の歴史は、大変おくれ、1889年(明治22)東京上野に帝国博物館が、続いて奈良と京都に国立博物館が設立されました。しかしこれらの博物館は、帝室の御物など保護管理するために国が開設したもので、のちの社会教育施設としての博物館とはやや性格が異なっていました。

第二次世界大戦後の1951(昭和26)、はじめて「博物館法」が制定され、博物館は図書館とともに社会教育に不可欠な施設と考えられるようになりました。

その直後の1954年(昭和26)に、別府大学附属博物館の前身が、上代文化研究所の附属施設の歴史博物館として開設されました。1957年ころ、全国で歴史博物館の総数は40館程度と言われますから、本学の博物館の先進性が察せられます。その後の1963年、史学科の創設とともに学芸員養成課程の実習施設になりました。全国的に見てもこのころ、大学で博物館を設置しているのは数ヶ所に過ぎませんでした。さらに1977年(昭和52)、大学創立30周年記念館として装いも新たにした別府大学附属博物館(本館)が再開館したのです。

発足当初は上代文化研究所の附属施設でしたから考古資料博物館としての性格を強くもつ歴史博物館でした。

本博物館は、発足の当初から多くの考古学調査を行い、考古資料を集めてきました。この資料には旧石器・縄文・弥生時代の資料が多く、西日本を代表する考古博物館となりました。集められた資料は、分類・整理され調査研究報告書にまとめられて、広く社会に公開され、資料そのものは展示されていました。分類整理・展示作業などは学芸員課程の実習活動として行われます。発掘された資料は、分類作業の過程で緻密な実測・製図などが必要ですが、これらの作業も多くの場合、学生の実習で行います。

一方、この博物館には本学史学科や博物館で収集した古文書や記録資料も多く保管し、地方史研究や学生の学習活動に活用されています。これらの古文書資料も分類整理され、目録作成・解読・出版作業に学生が参加しています。

附属博物館長 段上 達雄


所在地・連絡先

〒874-8501大分県別府市北石垣82
Tel. 0977-67-0101 Fax. 0977-66-9696

アクセス