史学・文化財学科


史学・文化財学科

学科概要

歴史を学び、未来を築く

本学の史学科は1963年に、西日本では数少ない歴史学系の学科として創設されました。以来、西日本における代表的な私立大学の史学科として、堅実な実証史学の学風と常に歴史の現場に立つフィールド・ワークを重視した教育によって、社会・地域に貢献できる多くの人材を育ててきました。21世紀の複雑な社会のニーズに応じて、歴史・考古・民俗・環境・保存科学など幅広く学べるよう、「史学・文化財学科」として2009年に再出発しました。歴史をみつめ未来を見据えていくことで、21世紀に生きる力を養います。

check

学生主体の研究会活動

学びの流れ

13の研究室(アーカイブズ・史料学、アジア史、日本近世近代、日本古代・中世、考古学、女性史、日本城郭、西洋史、戦史、東洋史、文化財科学研、民俗学、歴史美術)が教員の指導の下で、学生が自主的に研究や発表に取り組んでいます。

コース・専攻

学びのポイント

POINT1

歴史学分野では日本史と世界史、古代史から現代史まで、地域と時代を幅広く学べます。 また、文化財学分野では、考古学・文化財科学から環境歴史学・文化遺産学まで多様な選択肢で学べます。

POINT2

副コース制の導入により、世界史、日本史・アーカイブズ、考古学・文化財科学、環境歴史学・文化遺産学コースのすべての領域にわたり、複数のコースの専門的学問を修得することができます。

POINT3

中学(社会)、高等学校(地理歴史・公民)の教員、博物館・資料館の学芸員、図書館の司書、更には文書館専門職(アーキビスト)への道を志すことができます。

4年間の学びの流れ

4年間の学びの流れ
  • 世界史コース
  • 日本史・アーカイブコース専門科目
  • 考古学・文化財化学コース専門科目
  • 環境歴史学・文化遺産学コース専門科目

取得可能な資格・免許状

  • 高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民)〔申請予定〕(※)
  • 中学校教諭一種免許状(社会)〔申請予定〕(※)
  • 文書館専門職員(アーキビスト)
  • 司書
  • 司書教諭
  • 学芸員
※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程が変更となる可能性があります。

卒業後の進路