文化財学専攻

専攻概要

歴史と未来を結ぶ「地域」の文化遺産の調査研究と保存継承の拠点

文化財学専攻

文化財学専攻は、国内の文化財だけでなく、国際的な視野のもとで教育研究を行い、歴史文化を新たなる視点で解明し、これからの文化創造に寄与する研究者や専門家を育てています。
 専攻は、考古学・埋蔵文化財学領域、文化財保存科学・保存修復領域、環境歴史学・民俗学領域、美術史・美術工芸領域の4領域に分かれ、高度な施設設備を誇る歴史文化総合研究センターを中心に教育研究活動をしています。
 前期課程修了者の多くは、地方自治体の文化財専門職や博物館等の学芸員、あるいは文化財の保存修復に関わる専門家として活躍。後期課程修了者は、「博士(文学)」の学位を取得して、より専門的な研究者として活躍しています。

専攻の特色

POINT1

「文化財学」の高度な学際研究

POINT2

環境とヒトの共生に基づく、地域社会に密着した高度な知識と実践能力

POINT3

自治体と連携した調査研究や啓発事業

専門科目

前期課程

  • 考古学研究Ⅰ
  • 考古学研究Ⅱ
  • 考古学研究Ⅲ
  • 日本史学研究I
  • 日本史学研究Ⅱ
  • 民俗学研究
  • 文化財保存科学研究Ⅰ
  • 文化財保存修復研究Ⅰ
  • 文化財保存修復研究Ⅱ
  • 美術工芸研究
  • 美術史学研究Ⅰ
  • 美術史学研究Ⅱ
  • 地理学研究
  • 考古学演習Ⅰ
  • 考古学演習Ⅱ
  • 考古学演習Ⅲ
  • 日本史学演習
  • 民俗学演習
  • 文化財保存科学演習
  • 文化財保存修復演習
  • 美術史学演習Ⅰ
  • 美術史学演習Ⅱ
  • 地理学演習など

後期課程

  • 考古学研究Ⅰ
  • 考古学研究Ⅱ
  • 考古学研究Ⅲ
  • 日本史学研究Ⅰ
  • 日本史研究Ⅱ
  • 民俗学研究
  • 美術史学研究Ⅰ
  • 美術史学研究Ⅱ
  • 美術工芸研究Ⅰ
  • 美術工芸演習Ⅱ

私の大学生活

yamashita.png
Student’s voice

P61.【文化財学専攻】(山下)

博士前期課程 
山下 祐雨さん
佐賀県 唐津西高校出身
open
大学院では下村智先生の下で、考古学を学んでいます。院では少人数授業となるため、より先生方との距離が近く、学部の授業よりも深い内容の授業を受ける事ができます。また考古学では別府大学文化財研究所が実施している発掘調査や報告書の製作に参加させていただいているので、実践的な経験が積めます。学部生の時よりも多忙な分、必ず力が付く体験ができますので、文化財に関わる仕事に就きたいと考えている方にはお勧めです。

文化財学専攻(考古学) 履修モデル

1年

科目区分 科 目
特殊研究 ◎考古学研究ⅠA ◎考古学研究ⅠB ◎考古学研究ⅡA
◎考古学研究ⅡB ◎考古学研究ⅢA ◎考古学研究ⅢB
演 習 ◎考古学演習
テーマ研究 ◎文化財学研究ⅠA(遺跡調査論) ◎文化財学研究ⅠB(遺跡調査)
◎文化財学研究ⅢA(文化財行政学) ◎文化財学研究ⅢB(文化財の保存と活用)

2年

科目区分 科 目
演習 ◎考古学演習
テーマ研究 ◎文化財史料論ⅠA(考古史料論) ◎文化財史料論ⅠB(考古資料論)

文化財学専攻(分析科学・修復学・美術工芸学) 履修モデル

1年

科目区分 科 目
特殊研究 ◎文化財保存科学研究ⅠA ◎文化財保存科学研究ⅠB
◎文化財保存修復研究ⅠA ◎文化財保存修復研究ⅠB
◎文化財保存修復研究ⅡA ◎文化財保存修復研究ⅡB
演 習 ◎文化財保存科学演習
テーマ研究 ◎文化財資料論ⅡB(美術工芸資料論)
◎文化財資料論ⅣB(東洋絵画資料論)
◎文化財学研究ⅢA(文化財行政学)
◎文化財学研究ⅢB(文化財の保存と活用)

2年

科目区分 科 目
演習 ◎文化財保存科学演習
テーマ研究 ◎文化財学研究ⅣA(古典絵画調査論)
◎文化財学研究ⅣB(古典絵画調査論)

文化財学専攻(環境歴史学・民俗学) 履修モデル

1年

科目区分 科 目
特殊研究 ◎日本史学研究ⅠA ◎日本史学研究ⅠB
◎民俗学研究A ◎民俗学研究B
◎地理学研究A ◎地理学研究B
演 習 ◎日本史学演習
テーマ研究 ◎文化財学研究ⅡA(村落遺跡調査論)
◎文化財学研究ⅡB(村落遺跡調査論)
◎文化財学研究ⅢA(文化財行政学)
◎文化財学研究ⅢB(文化財の保存と活用)

2年

科目区分 科 目
演習 ◎日本史学演習
テーマ研究 ◎文化財資料論ⅢA(文献史料論)
◎文化財資料論ⅢB(文献史料論)

取得可能な免許・資格

  • 中学校教諭専修免許状(社会、美術)〔申請中〕(※)
  • 高等学校教諭専修免許状(地理歴史、美術)〔申請中〕(※)
※ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程が変更となる可能性があります。

卒業後の進路