文学部

学部概要

文学・言語・芸術を幅広く学び グローバルな視野を拓く

文学部は、大学の創設とともに生まれた学部であり、建学の精神「真理はわれらを自由にする」を受け継ぐ伝統ある学部です。国文学、英文学の学科で出発し、美学・美術史学科、史学科が加わり、さらに、文化財学科、人間関係学科を増設しました。2009年に6学科を統合し、現在の国際言語・文化学科、史学・文化財学科、人間関係学科の3学科となりました。学科増設、改編の中でも人間探求の学問を学ぶ「学府」としての原点を核に、国際的な視野をもち、地域にも密着した教育を行っています。

学科

学部長あいさつ

飯沼 賢司

幅広い学びの中で、自分自身の価値を発見しよう

文学部長飯沼 賢司

open

文学部は1950年、別府大学(別府女子大学)の創設と同時に開設された本学で最も伝統のある学部です。この間、国文学科、英文学科、史学科、美学・美術史学科(のち芸術文化学科)、文化財学科、人間関係学科の6学科が、言語・文学・歴史・美術・心理・福祉等の分野においてユニークで実質的な教育・研究活動を行ってきました。  2009年、新たな時代や社会のニーズに対応するため、従来の6学科を国際言語・文化学科(国文学科、英文学科、芸術文化学科を統合)、史学・文化財学科(史学科、文化財学科を統合)、人間関係学科の3学科に統合・再編しました。旧学科の伝統的な教育体系は新学科の中にコースとして温存する一方、複数のコースにわたって専門教育を受けることができるように「副コース制」を採用しました。この結果、新体制では従来の伝統的な学問分野について学ぶことができるのに加え、複数の学問分野にわたり複合的な学識や技術を習得することが可能となり、卒業後の進路選択の幅がぐっと広がりました。
 文学部は創立以来、建学の精神「真理は我らを自由にする」に則り、人間や社会についての深い理解を涵養する教育を行ってきました。また専門的な学識や実践的な技術の教育を通して、社会に貢献する教員、学芸員、司書、文書館専門職員等の育成にも努めてきました。現在、多くの卒業生が西日本を中心にそれぞれの分野の中核として活躍しています。文学部はこれからも、人や社会と真摯に向き合い、自分自身の価値を社会の中で見出し活躍できる人材を育てて行きます。

文学部構成図