食物栄養科学研究科


食物栄養科学研究科

食物栄養科学研究科の概要

生命科学の最新知識に基づき、生命、健康、食を科学する

わが国は伝統的な食生活を維持しながらも世界一の平均寿命・健康寿命を達成してきました。しかし、日本人の栄養状態はいま、過剰栄養による生活習慣病の増加と、飽食時代における栄養失調−低栄養−の、二重構造を示しており、その解決は急務です。
本研究科では、21世紀の超高齢化社会を支えるために、高度な知識と技術を活かし、「食」を取り巻くさまざまな問題の解決に科学的視点で取り組むことのできる専門職業人の養成を目標としています。
また、管理栄養士養成施設を修了した人は、栄養教諭専修免許状を得ることもできます。

教育の特色

  • 家庭、学校、地域、職場での健康増進と生活習慣病の一次予防に対する栄養実践活動ができる人材の育成
  • 臨床医学の場での栄養マネジメントに加わることができる人材の育成
  • 食品・外食・給食産業において栄養管理や安全管理、経営管理のリーダー的役割を担うことのできる人材の育成
  • 地域社会発展に貢献できる人間栄養学やバイオテクノロジーの教育および研究ができる人材の育成

食物栄養科学研究科長あいさつ

食物栄養科学研究科長 樋園和仁

大分の食と栄養のフロントランナーとなる

食物栄養科学研究科長樋園 和仁

open

別府大学食物栄養科学研究科では、食と栄養に関する様々な研究課題に対応できる15名の常勤教員をそろえ、5つの科学領域を設定しています。研究にあたり基本となる研究法、実験方法については「領域共通科目」にて学べるような形としています。それぞれの研究テーマに沿って、「食品栄養科学領域」、「基礎栄養科学領域」、「実践栄養科学領域」、「発酵食品科学領域」の4つの科目領域を選択できるスキームとなっており、他大学院とは一線を画したオリジナルなカリキュラム内容となっています。これまでも別府大学食物栄養科学部の出身者も含め、他大学出身者や社会人経験者も当研究科を修了し、地域の食と栄養のフロントランナーとして、社会に羽ばたき、大分の地でネットワークを築いています。当研究科では、修士論文の完成と修士課程修了まで、しっかりと支えていきます。学生、社会人等問わず興味のある方は、当研究科を訪ねてきてください。

専攻