模擬授業の会

模擬授業の会について

模擬授業の会

 

 別府大学教職課程履修者が取得を希望する免許状の各教科/科目の授業実践力の向上を目指して2007(平成19)年に結成され、教職を目指す学生のうち4年生が中心となり企画・運営してきました。毎回の模擬授業の実施に向け、履修者同士で学習指導案作成に取り組んだり、授業終了後には意見交換を行なったりするなどして、共々に授業実践力の向上を図ってきた、いわゆる課外活動でした。
 2017(平成29)年3月までの10年間で、第1~10期まで毎年のように結成されてきました。振り返ってみると、この10年間で計454回の模擬授業が実施されました。こうした課外での取り組みは、毎年の教員採用結果(私立校採用/臨採含む)の一要因になっていると見られます。
 本会は、2016(平成28)年度の第10期により一区切りをつけることにしました。2017(平成29)年度以降は、この結成を見送っています。これまでと同様に正規の教育活動に専念しつつも、本学における教員養成の新しい在り方を模索・実験しているところです。
    伝統と進取の気性を胸に本学教職課程から引きつづき有為な中等教員を輩出していきます。   

(2017(平成29)年4月1日更新)