考古学・文化財科学コース

コース概要

"遺跡と遺物"考古学と文化財科学は実物で勝負

考古学・文化財科学コース

歴史は、文字からのみ明らかにされる訳ではありません。大地に穿かれた遺構や土器は、昔の人たちが懸命に生きた証し。本コースでは、残されたものから発せられる小さな"声"に耳を傾け、文字ほど雄弁ではない、文化財の声を聞き分けるトレーニングを行います。50年の歴史を持つ、本学史学科の長い伝統の中で蓄積された情報と資料は膨大なもので、本コースの財産として教育の中で活用されています。

コースの特色

野外実習で実学を身につける

遺跡の発掘実習や文化財をめぐる野外調査・研究合宿などを実施しています。県内はもちろん九州各地の発掘調査に参加し、実学を身に付けます。


"科学の目"で歴史を読む

エックス線回析装置や走査型電子顕微鏡など、科学的な手法を用いてより深く文化財の調査・研究を行っています。保存修復と科学的な調査を総合的に学べるのは、九州では本学のみです。

私の大学生活

考古文化財科学_中原彰久_0223.jpg
Student’s voice

座学だけでは満足できない!「"本物"で学びたい」僕の熱意に応えてくれる大学です。

考古学・文化財科学コース 
中原 彰久さん
福岡県東福岡高校出身
open

体で歴史を感じる

本で見てきたものを実際に見ること、触れることができる環境が最大の魅力です。発掘現場で、古墳の"くびれ"や実体を決定づける発見に出くわした時や、先生方が遺跡の前で討議している姿を見たときは"鳥肌が立つ"のを感じることもあります。この興奮は何ものにも代えられませんね(笑)

夏 or 冬の発掘合宿

3年次に講義の一環として"発掘合宿"を行います。民宿等に2泊3日の泊まり込みで、実際の発掘現場で実習を行う形式です。晴れていれば現場での発掘作業、雨天の時は近くの資料館等で資料整理を行いました。私は一般参加(一週間実習)という形で1年の夏から全て参加してきました(笑)

掃除上手は発掘上手

現場はとにかく体力勝負です。発掘作業では"どか掘り(遺物の層までひたすら掘る)""土 運び(いらない土をリレー運搬)""根切り(観察したい層から出ている根を切る)""掃除(層、遺構がよく見えるように)"といった地味なものが6割を占めます。一般的にイメージされる"繊細な発掘作業"はごく一部なんですよ(笑)


考古文化財科学_村田仁志_0228.jpg
Student’s voice

現場経験を積ませてくれる環境!そして、外に出て気が付いた"別府大学では当たり前"の本当の凄さ!!

考古学・文化財科学コース 
村田 仁志さん
熊本県立第二高校出身
open

発掘調査報告書を読み込む

先生から提示されるテーマについて、発掘の調査報告書から自分に必要な情報を得て、発表内容をまとめていきます。グループ調査の場合は先輩と組むこともあり、学年を超えてのディスカッションや発表後の質疑応答では、調査量に加えチームワークも重要になります。

現場での出会いとつながり

この学問の最大の特徴は、"様々な人との出会い・つながり"です。現場では"作業員のおじちゃん・おばちゃん"、"行政で働いている調査員"、"他大学の学生、研究者の方"等、挙げればきりがありません。また、そこでの会話の内容を理解できるようになりたい..."学びたい"と毎度再認識させられることも特徴ですね。

考古学研究室って

活動内容は、"土器洗い"や"注記"といった遺物整理系から、班を作っての研究発表会の準備、最近では大学院生や室長(部長)による講義なども行われている"部活動"みたいなものです。"好き者同士"でディープな会話ができ、考古学に携わる機会を増やしてくれる研究室は、本気で考古学を学びたい人には是非入っていただきたいですね(笑)!


考古文化財科学_鮫島葵_9190.jpg
Student’s voice

"科学の眼"で考古学に挑む!様々な分析機器を駆使して歴史の謎を解き明かす!!

考古学・文化財科学コース 
鮫島 葵さん
長崎県長崎日本大学高校出身
open

素手で触れば劣化が始まる!

本で読んだガラス製品に興味を持ち、科学的な視点から遺物をとらえる文化財科学に惹かれるようになりました。「保存科学研究室」にも在籍しており、例えば鉄製品の長所や短所について調査・議論をしています。遺物に対して"大切に扱う"という見方を学びましたね。

文系だけど理系機器

現在よく使用している機材は"蛍光X線分析器"と"デジタル顕微鏡"です。研究施設の機材は使用許可をとれば自由に使うことができます。自分でも歴史の学びの中で、理系大学で扱うような機材を操作しながら研究していくことになるとは思ってもいませんでした(笑)

文化財のお医者さん

「この物は何でできているのだろう」という"分析"と「遺物を次の世代に残していけるよう、その当時のものに近づけて処理」していく"修復"がこの学問のキーワードです。考古学的手法も知ったうえで科学的手法を行いますので、一から十まで自分でやりたいという人にはもってこいの学問だと思います!

講義ピックアップ

考古学特講2(弥生・古墳考古学)

考古学の研究成果と「三国志」(魏志東夷 伝倭人伝)、「古事記」、「日本書紀」等の文献資料をとりあげて、ヤマト国家成立と発展の軌跡を検討していきます。

発展演習1(史学・文化財)

グループに分かれ、自分達で決めた研究内容を調査し発表をします。資料検索やレジュメの作成は卒業論文作成時にも大いに役立つことになります。

文化財科学特講2(保存修復)

文化財の修復を通して見えてくる古代の技術や材質、またそれらを知るための調査方法について学びます。「なぜ?どうして?」という好奇心をもって観察眼を養います。

埋蔵文化財実習(遺跡発掘)

この講義は夏の一番暑い時期・冬の一番寒い時期に実際の発掘調査を行います。帽子と水は必ず持参。体調管理も採点の対象です。調査中の夜更かしは厳禁!

履修モデル

1年

科目区分 科 目
教養科目 基礎ゼミ ◎導入演習(史学・文化財) ◎基礎演習(史学・文化財)
学際科目 ◎大学史と別府大学 ◎キャリア教育Ⅰ
◎市民生活とアーカイブズ
コア1 ◎文学 ◎日本文化史 ◎心理学Ⅰ
◎体育実技Ⅰ ◎体育実技Ⅱ
コア2 ◎法学(日本国憲法) ◎国際文化論1 ◎社会生活概論
コア3 ◎生物学
コア4 ◎情報リテラシーⅠ ◎情報リテラシーⅡ
コア5 ◎英語1 ◎英語2
◎中国語コミュニケーション1  ◎中国語コミュニケーション2
専門科目 共通専門科目 ◎考古学概論 ◎文化財科学概論 ◎世界遺産学概論
◎日本史概論1 ◎日本史概論2
◎民俗学概論 ◎環境歴史学概論 ◎文化人類学

2年

科目区分 科 目
教養科目 学際科目 ◎インターンシップⅠ
コア2 ◎社会学 ◎情報文化論
コア5 ◎英語3 ◎英語4
専門科目 共通専門科目 ◎博物館概論 ◎視聴覚教育メディア論
◎世界遺産研究(国外) ◎地理学概論 ◎生涯学習論Ⅰ
演習科目 ◎発展演習1(史学・文化財学)
◎発展演習2(史学・文化財学)
学科専門科目 ◎考古学講義1(先史考古資料論)
◎考古学講義2(歴史考古資料論)
◎考古学講義3(埋蔵文化財学)
◎文化財科学講義2(保存修復)
◎文化財保護論 ◎環境考古学
◎環境史 ◎世界遺産学持論

3年

科目区分 科 目
教養科目 学際科目 ◎キャリア教育Ⅱ ◎まちづくり特論
専門科目 共通専門科目 ◎まちづくり特論
演習科目 ◎専門演習1(考古学・文化財科学)
◎専門演習2(考古学・文化財科学)
学科専門科目 ◎博物館実習 ◎美術工芸論
◎歴史地理 ◎宗教史
◎博物館各論Ⅰ(博物館資料論)
◎博物館各論Ⅱ(博物館情報論・経営論) ◎人類学総論
コース専門
科目
◎考古学特講2(弥生・古墳考古学)
◎考古学特講3(歴史考古学)
◎考古学実習Ⅰ・Ⅱ  ◎埋蔵文化財調査実習Ⅰ・Ⅱ
◎文化財科学実習Ⅱ(修復)

4年

科目区分 科 目
専門科目 共通専門科目 ◎地方行政論 ◎地方自治論
演習科目 ◎卒業演習1(考古学・文化財科学)
◎卒業演習2(考古学・文化財科学)
コース専門
科目
◎考古学特講1(旧石器・縄文考古学) ◎卒業論文