文学研究科


文学研究科

文学研究科の概要

伝統と実績の上に立ち、人文科学研究をリードする。

文学研究科は現在、歴史学専攻、日本語・日本文学専攻、文化財学専攻の各専攻の博士前期・後期課程と臨床心理学専攻修士課程を擁しています。臨床心理学専攻は、文学部の人間関係学科を基礎とする課程で、臨床心理士の受験資格が得られる課程です。本学大学院は、これら4専攻を擁して、名実ともに西日本の人文科学の研究と教育の殿堂として、さらなる飛躍をめざします。

教育の特色

博士前期課程・修士課程

歴史学専攻、日本語・日本文学専攻、文化財学専攻、臨床心理学専攻の4専攻が設置されています。対象は異なっていても「真理」を求めるという目的は同じです。各専攻ではそれぞれの分野に応じて先人の学問に触れるとともに自己の思考を磨き論理的な発想ができるよう次のような目的を持ったカリキュラムが編成されています。


博士後期課程

歴史学専攻、日本語・日本文学専攻、文化財学専攻の3専攻が設置されています。博士後期課程では、博士論文の作成を通じて、研究者として自立できる高度な研究能力と豊かな学識を養い、教育職や博物館・美術館などの専門職を目指す有為な人材を育成します。

文学研究科長あいさつ

浅野 則子

真理と自由への道

文学研究科長浅野 則子

open

文学研究科は、建学の精神「真理はわれらを自由にする」に基づき、伝統的人文学領域の創造的継承と新しい学問領域の構築をめざすとともに、時代の要請に応え、地域の知識基盤社会を支える豊かな学識と実践能力を備えた有為な人材を育てることを目的としています。

専攻