食物栄養学科


食物栄養学科

学科概要

学生の声を反映したきめ細やかな学修支援体制

食物栄養学科コース

管理栄養士は国家試験に合格して取得できる食・栄養・健康に関する専門職の国家資格です。栄養士とは異なり、乳幼児から高齢者、妊婦、スポーツ選手、傷病者など、それぞれの個人に適切な栄養指導をすることができます。本学科では①社会のニーズに合わせて教育課程の見直しを定期的に行ない、学生の声も反映したより学びやすい実践的なカリキュラムによる授業を行っています。②地域住民と関わる授業や行事を積極的に取り入れることにより、学生の人間力向上に取り組んでいます。また、全国的な料理コンテストに積極的に挑戦することで実践力に磨きをかけ、それが学生の自信にもつながっています。さらに2年次の海外研修旅行(任意)では、フランスの専門学校ならではの調理技術などを学び、他の養成校では体験できない研修旅行を通じて学生の食文化への関心を広げています。食物栄養学科パンフレット

学びのポイント

POINT1

安心して学べる教育体制

学生が学びやすい新カリキュラム/クラス担任及び専任教員によるきめ細やかな学修サポート

POINT2

初年次から国家試験合格に向けて充実したサポート体制

特別対策講座/小テスト/模擬試験

POINT3

学内外との密度の濃い活動・体験を通じて実践力、対話力、人間力を養う学修支援

地域住民との交流活動/学内外各種行事・料理コンテスト/フランス研修旅行(希望者のみ)

学科の特色

管理栄養士への学年に応じた手厚い対策の取り組み

国家試験合格への充実したサポート体制

平成29年度 第32回管理栄養士合格率 93.8%(60名合格)

1~2年生

授業で基礎を固める


人体の構造と機能と疾病の成り立ち/食べ物と健康/基礎栄養学/応用栄養学/栄養教育論など

3年生

専任教員による
専門科目の授業

(臨床栄養学/公衆栄養学/給食経営管理論など)+国家試験対策演習(週1回)/模擬試験(年3回)

4年生

試験直前まで授業内外で
国家試験対策

特別対策講座(週3~5回)/小テスト(週1回)/模擬試験(年15回)/外部講師による対策講座(年5回)


様々な体験により実践力が身につく

湯けむり健康教室

湯けむり健康教室

3年次の授業の一環として、別府大学健康センターの協力のもと、地域住民への栄養教室を年8回開催しています。学生自身が食事調査等を行い、その結果から講義内容を考えていきます。実践的栄養指導を行うことで、人へ伝えることの難しさや楽しさを経験する貴重な場となっています。


別府大学生による料理コンテスト地域に発信!「別大ブランド食」

別大ブランド食

幅広い年齢層の地域住民を対象として健康増進の啓発に活用するため、健康・地域特産品・旬の食材・行事食・食文化・栄養バランスをキーワードに料理コンテストを企画しました。応募総数39作品の中から10組20名が最終選考に残り、かるめし部門、がつめし部門からそれぞれ最優秀作品等を選出しました。入賞作品は学食にて期間限定で販売され、大好評を得ました。


なでしこ大分(小学生女子サッカーチーム)調理実習

なでしこ大分(小学生女子サッカーチーム)調理実習

県サッカー協会の「なでしこ大分育成プロジェクト」の食育の一環として女子小学生向けに調理実習を行いました。児童は食物栄養学科の学生からマンツーマンで指導を受けながら、野菜が入った餃子の皮作りなどに挑戦し、サッカーがうまくなるために練習だけでなく、食事も大切だということを学びました。


料理教室

料理教室

地域の皆様に食べ物の大切さ、調理する楽しさ、食べ物についての新情報を知っていただくために、園児・児童と保護者、男性、高齢者向け料理に関心をお持ちの方を対象に、親子料理教室、男性のための料理教室と高齢者向け料理教室を開催しています。「親子間の距離が縮まった」、「知識が得られた」と大変好評です。


充実した入学前教育によるサポートと入学後も安心して学べるカリキュラム

入学前教育にて入学後に必要な知識や取り組み方を学び、スムーズな大学生活に入ることができます。苦手な科目にもしっかり学ぶことができます。遠方の方には、入学前課題を送付しています。
また、平成28年度より、学生の声も聞きながら、より学びやすい実践的な新カリキュラムによる授業を行っています。

高い実質就職率

平成28年度は卒業者81名中78名が就職し、実質就職率は96.3%と高い就職率でした。大分県内に就職した割合は66.7%であり、大分県内での管理栄養士としての就職に強みがあります。また、大分県内で公務員として活躍している卒業生は現在15名であり、徐々に増加しています。
仕事の悩みや転職または結婚、育児後の再就職などについても親身に対応しています。

4年間の学びの流れ

4年間の学びの流れ

私の大学生活

食物栄養学科_首藤周央_8273.jpg
Student’s voice

"管理栄養士"を目指すということは、"高校までの基礎学習"と"高い目的意識"が求められる。

食物栄養学科 
首藤 周央さん
大分県楊志館高校出身
open

初代減塩レッド

"ゆけむり健康教室"という講義の中で、国立循環器病研究センター企画の"かるしおプロジェクト"に参加し、そのプレゼンの中で"減塩レッド"に変身しました(笑)!食に携わる方々が発表する中、1回目の先輩方は"4位"、2回目の私たちは"2位金賞"とあと一歩でした。後輩にはぜひ"1位"を取ってほしいですね!

イメージと現実

調理ばかりしているようなイメージを持たれることが多いですが、高校生が意外に思う講義として、動物実験を行う"解剖生理学実験"があります。マウスに通常のエサと脂分の多いエサとを与え比較し、炎症の状態を観察したりします。また、座学の"家族心理学"などは、管理栄養士試験を受験する際には必須となります。

高校までの学習の重要性

大学での学問は高校までの様々な勉強が融合した"学び"となります。栄養学では、高校時代でいうと主に化学、生物、国語、家庭科の分野が関わってきますが、特に"化学、生物"を理解していることが重要になってきます。高校時代の勉強も食事同様"好き嫌いせず満遍なく食べる"ことが大切です(笑)。


食物栄養学科_上野美香_8301.jpg
Student’s voice

"人の健康を預かる仕事"だからこそ、中途半端な気持ちで臨むことは絶対に嫌だと思いました。

食物栄養学科 
上野 美香さん
大分県立大分鶴崎高校出身
open

"食物を学ぶ"といっても

入学当初、"様々な実験"を通して"食品の特性を知る"ことができます。単に座学で教えられるだけではなく、実際に体を動かして考えることで、興味が持ちやすく、理解が深まりましたね。また"人体的な働き(その栄養がどう働いているのか)"や"体のつくり"等も学ぶのは意外でした。

覚悟を持って臨む

国家試験対策として2年から模擬試験を行うことで"テストに慣れさせる"対策が行われていきます。テストの結果はランキングで表示され、ランクによって学習方法や内容が変わってきます。"管理栄養士資格取得"を一番の目標としていますので、"目標意識"と"覚悟"をしっかり持っていないといけません。

勉強以外にも

実験や実習を繰り返す中で、"調理が上手な人は頭が柔らかい人"だと感じるようになりました。献立を立てるにしてもレパートリーが豊富な人ほど尊敬されます。訓練というと大げさですが、日ごろから家庭の料理を手伝ったり、自分が食べているものに興味を持つことができるかどうかってすごく重要だと思います。


食物栄養学科_前田夏海_8288.jpg
Student’s voice

ここまでサポートしてくれる"環境"があるから、自信をもって国家試験に臨むことができます。

食物栄養学科 
前田 夏海さん
大分県立杵築高校出身
open

国家試験対策1

1・2年次は与えられた課題をこなすことがメインになります。"栄養計算"、"食事管理"、"小テストや授業の復習"を中心に、2~3回の模擬試験が行われます。外部の試験もあり、日曜日に午前から午後にかけてマークシート形式で行っていきます。この段階で"単位を落とさない"ことが重要です!

国家試験対策2

3年次は"ゆけむり健康教室"や"病院実習(3週間)"、"保健所実習(1週間)"といった実習系の講義が入ってきます。1・2年のうちに単位を取得しておけば、若干授業が少なくなります。また、自分が取った食事を何日かかけて栄養計算をするというものも入ってきます。証拠の写真も撮るんですよ(笑)!

国家試験対策3

4年では月1ペースで模試を行いながら、加えて過去問を5年分解いて採点→やり直し→提出という課題も出されます。毎週月曜には小テスト(前期6割、後期8割取れないと金曜に再テスト)がありますし、前期期末の点数が悪かった人は夏休みに毎日来て自習します(スタンプカード付き)。これに"卒論"と"就活"がありますから(笑)!

講義ピックアップ

実験・実習事前総合演習

本学科カリキュラムでは、実験や実習の授業が多く組まれています。この演習は、それらを受講するにあたり実験・実習に臨む姿勢や最低限必要な基礎知識、実験器具等の基本操作、実験・実習のノートやレポートの書き方などについて学び、理解を深めるための導入的内容となっています。

栄養教育論実習

栄養士業務の一つである栄養教育を行うためには、病気に関する知識、食事による健康の維持・増進と病気の予防や治療に関する知識、対象者の身体状況・栄養状態の測定法などを理解した上で、いかに対象者の指導にそれらの知識を活用するかが重要となります。この実習では栄養教育の知識と技術を学ぶとともに、その集大成として附属幼稚園の園児を対象に食育模擬授業を行います。

実践スポーツ栄養学

健康づくりのために運動に親しむ人や、アスリートを目指してトレーニングに励む人も多人など、それぞれの目的に応じた、栄養について学習します。

履修モデル

青色の科目は管理栄養士国家試験の受験資格科目です。

1年

科目区分科 目
教養科目 基礎ゼミ ◎導入演習(食物栄養) ◎基礎演習(食物栄養)
英語 ◎総合英語Ⅰ ◎英語コミュニケーションⅠ
◎総合英語Ⅱ ◎英語コミュニケーションⅡ
人間の探求 ◎哲学における人間と世界
現代社会の理解 ◎法学(日本国憲法)  ◎科学と社会
科学技術と環境 ◎科学技術論
情報処理 ◎情報リテラシーⅠ ◎情報リテラシーⅡ
運動と健康 ◎体育実技Ⅰ ◎体育実技Ⅱ
国際理解のため ◎フランス語Ⅰ ◎フランス語Ⅱ
専門科目 基礎スキル科目 ◎一般化学
専門基礎分野 解剖生理学 ◎解剖生理学実験 ◎生化学Ⅰ
医学概論・臨床医学入門 ◎食品学Ⅰ
食品学Ⅱ ◎食品学実験 ◎調理学
◎基礎調理実習 ◎調理実習
専門分野 基礎栄養学 ◎基礎栄養学実験
栄養教育論実習 ◎実験・実習事前総合演習

2年

科目区分科 目
専門科目 専門基礎分野 社会福祉論 ◎公衆衛生学Ⅰ
公衆衛生学Ⅱ ◎生化学Ⅱ
生化学実験 ◎運動生理学
病態生理学 ◎微生物学(生体防御を含む)
食品加工学  ◎食品加工学実習
◎食品衛生学実験 ◎応用調理実習
食品衛生学 ◎食品衛生学実験
専門分野 応用栄養学Ⅰ ◎応用栄養学Ⅱ
栄養教育論Ⅰ ◎臨床栄養学Ⅰ
公衆栄養学Ⅰ ◎給食経営管理論Ⅰ
給食経営管理論Ⅱ
特別演習 ◎管理栄養士演習Ⅰ ◎管理栄養士演習Ⅱ 

3年

科目区分科 目
専門科目 基礎スキル科目 ◎栄養情報処理
専門基礎分野 社会福祉援助技術実習 ◎運動生理学実験
調理学実験
専門分野 応用栄養学Ⅲ ◎応用栄養学実習 ◎実践栄養学実習
栄養カウンセリング論 ◎栄養カウンセリング実習
臨床栄養学Ⅱ ◎臨床栄養学Ⅲ ◎臨床福祉介護論
臨床栄養学実習 ◎臨床介護栄養実習
公衆栄養学Ⅱ ◎公衆栄養学実習
給食経営管理実習 ◎総合栄養マネジメント演習I
臨床栄養学臨地実習 ◎公衆栄養学臨地実習
給食運営臨地実習Ⅱ ◎地域栄養活動演習
特別演習 ◎管理栄養士発展演習Ⅰ ◎管理栄養士発展演習Ⅱ

4年

科目区分科 目
専門科目 専門基礎分野 健康管理概論
専門分野 総合栄養マネジメント演習Ⅱ
総合栄養マネジメント演習Ⅲ
専門演習 ◎実践専門演習Ⅰ ◎実践専門演習Ⅱ

取得可能な資格・免許状

  • 栄養士※1
  • 管理栄養士(国家試験受験資格)※1
  • 教員免許(栄養教諭一種免許状)※1〔申請予定〕(※2)
  • 食品衛生管理者※1
  • 食品衛生監視員※1
  • フードスペシャリスト(受験資格)
  • 司書※1

※1)編入学に関する注意

「管理栄養士国家試験受験資格」・「栄養士」・「栄養教諭一種免許状」・「食品衛生管理者・食品衛生監視員」・「司書」の取得を希望する場合、編入学以前に修得した単位の内容によっては、3年以上の在学を要することがあります。
「食品衛生管理者・食品衛生監視員」任用資格取得に必要な単位は、食品衛生管理者・食品衛生監視員養成施設相互間においてのみ認定できます。

※2)ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程が変更となる可能性があります。

卒業後の進路