食物栄養学科


食物栄養学科

学科概要

学生の声を反映したきめ細やかな学修支援体制

食物栄養学科コース

管理栄養士は国家試験に合格して取得できる食・栄養・健康に関する専門職の国家資格です。栄養士とは異なり、乳幼児から高齢者、妊婦、スポーツ選手、傷病者など、それぞれの個人に適切な栄養指導をすることができます。本学科では①社会のニーズに合わせて教育課程の見直しを定期的に行ない、学生の声も反映したより学びやすい実践的なカリキュラムによる授業を行っています。②地域住民と関わる授業や行事を積極的に取り入れることにより、学生の人間力向上に取り組んでいます。また、全国的な料理コンテストに積極的に挑戦することで実践力に磨きをかけ、それが学生の自信にもつながっています。さらに2年次の海外研修旅行(任意)では、フランスの専門学校ならではの調理技術などを学び、他の養成校では体験できない研修旅行を通じて学生の食文化への関心を広げています。食物栄養学科パンフレット

学びのポイント

POINT1

安心して学べる教育体制

学生が学びやすい新カリキュラム/クラス担任及び専任教員によるきめ細やかな学修サポート

POINT2

初年次から国家試験合格に向けて充実したサポート体制

特別対策講座/小テスト/模擬試験

POINT3

学内外との密度の濃い活動・体験を通じて実践力、対話力、人間力を養う学修支援

地域住民との交流活動/学内外各種行事・料理コンテスト/フランス研修旅行(希望者のみ)

学科の特色

管理栄養士への学年に応じた手厚い対策の取り組み

国家試験合格への充実したサポート体制

平成30年度 第33回管理絵用紙国家試験合格率89.6% (60名合格)

1~2年生

授業で基礎を固める


人体の構造と機能と疾病の成り立ち/食べ物と健康/基礎栄養学/応用栄養学/栄養教育論など

3年生

専任教員による
専門科目の授業

(臨床栄養学/公衆栄養学/給食経営管理論など)+国家試験対策演習(週1回)/模擬試験(年3回)

4年生

試験直前まで授業内外で
国家試験対策

特別対策講座(週3~5回)/小テスト(週1回)/模擬試験(年15回)/外部講師による対策講座(年5回)


様々な体験により実践力が身につく

湯けむり健康教室

湯けむり健康教室

3年次の授業の一環として、別府大学健康センターの協力のもと、地域住民への栄養教室を年8回開催しています。学生自身が食事調査等を行い、その結果から講義内容を考えていきます。実践的栄養指導を行うことで、人へ伝えることの難しさや楽しさを経験する貴重な場となっています。


別府大学生による料理コンテスト地域に発信!「別大ブランド食」

別大ブランド食

幅広い年齢層の地域住民を対象として健康増進の啓発に活用するため、健康・地域特産品・旬の食材・行事食・食文化・栄養バランスをキーワードに料理コンテストを企画しました。応募総数39作品の中から10組20名が最終選考に残り、かるめし部門、がつめし部門からそれぞれ最優秀作品等を選出しました。入賞作品は学食にて期間限定で販売され、大好評を得ました。


なでしこ大分(小学生女子サッカーチーム)調理実習

なでしこ大分(小学生女子サッカーチーム)調理実習

県サッカー協会の「なでしこ大分育成プロジェクト」の食育の一環として女子小学生向けに調理実習を行いました。児童は食物栄養学科の学生からマンツーマンで指導を受けながら、野菜が入った餃子の皮作りなどに挑戦し、サッカーがうまくなるために練習だけでなく、食事も大切だということを学びました。


料理教室

料理教室

地域の皆様に食べ物の大切さ、調理する楽しさ、食べ物についての新情報を知っていただくために、園児・児童と保護者、男性、高齢者向け料理に関心をお持ちの方を対象に、親子料理教室、男性のための料理教室と高齢者向け料理教室を開催しています。「親子間の距離が縮まった」、「知識が得られた」と大変好評です。


充実した入学前教育によるサポートと入学後も安心して学べるカリキュラム

入学前教育にて入学後に必要な知識や取り組み方を学び、スムーズな大学生活に入ることができます。苦手な科目にもしっかり学ぶことができます。遠方の方には、入学前課題を送付しています。
また、平成28年度より、学生の声も聞きながら、より学びやすい実践的な新カリキュラムによる授業を行っています。

高い実質就職率

 平成30年度は、卒業生76名中進学者1名を除く75 名全員が就職し、実質就職率は100%でした。大分県内での就職希望者も100%県内で就職できました。大分県内での管理栄養士としての就職に大きな強みがあります。また、公務員として活躍している卒業生は25名おり、年々増えています。
 仕事の悩みや転職または結婚、育児後の再就職などについても親身に対応しています。

4年間の学びの流れ

4年間の学びの流れ

私の大学生活

harguchi_arisa.jpg
Student’s voice

探求心が自分の成長に繋がります

食物栄養学科 
原口 亜里紗さん
大分県立大分雄城台高等学校(別府大学短期大学部食物栄養科卒業)出身
open

こんな道もあります!

私は「管理栄養士の資格」を取得するために、別府大学短期大学部食物栄養科から、別府大学に編入学をしました。3年次からのスタートだったことや他の学生とは少し違う授業履修ということもあり、最初は周りについていけるか不安でした。
しかし、先生方や友達のサポートもあり、編入学をしても不自由なく大学生活を送ることができ、しっかりと勉学に励むことができています。

興味があることをもっと学ぶために...

卒論研究では、自分が興味のあることをより深く学ぶことができます。大学には、各分野の専門の先生方がいらっしゃるので、その先生方の元で研究を行うことができます。
研究内容としては、スポーツ栄養や食物アレルギー、商品開発など他にもたくさんあり、「食」を通した専門的でより実践的な学びができます。
私は実際に、小中高生を対象にした栄養調査を行ったり、栄養セミナーを企画し、指導を行ったりしました。
大学生の間でしか経験できない時間を仲間と一緒に過ごしてみることをお勧めします!

一生役立つ学びを

人は、食べたもののエネルギーによって生活を行う原動力を得ることができます。また、乳児から高齢者に至るまで、どの年代においても食事は必要になります。「食」は一生涯、私たちにとって必要になるものです。
大学では、どの年代でどのような食事が必要なのか、どの食材が体の中でどのような働きをするか、など食事の基礎となる知識を学ぶことができます。


akiyoshi_yasue.jpg
Student’s voice

自分次第でどうにでも

食物栄養学科 
秋吉 安恵さん
大分県立別府青山高等学校(現大分県立別府翔青高等学校)出身
open

食物栄養学科は忙しい?勉強ばっかり?

大学内では、他学科よりも授業数、課題が多いです。忙しいって感じます。でも、好きなことができない訳じゃありません。自分よりもっと忙しい人はたくさんいて、それでもプライベートでたっぷり好きなことをして楽しめている人もたくさんいます。そうやって考えたら、自分の選択肢と行動次第で学生生活はできることがいっぱいです!現に私は毎週アルバイトして、土日は大好きなヨットに時間を注ぎ、「また月曜から授業頑張ろう!」とメリハリつけて、幸せに学生生活を過ごせています。

学業あっての大学生活

課題、提出物とかは絶対やったほうがいいです。これは絶対です。好きなことをしているときは楽しいけれど、そのせいで勉強がおろそかになり、好きなことを制限されたら面白くありません。やるべきことはまずやって、その後たっぷり好きなことをすれば、結果的に自分の力になると思っています。限りある学生生活を自分なりのベストを尽くして、あと少し楽しみます!


kusumoto_ai.jpg
Student’s voice

好きを極めよう

食物栄養学科 
楠元 あいさん
岩田高等学校出身
open

アットホームな教育の環境

食物栄養学科の魅力的な点は、先生と学生の距離が近いことだと思います。勉強のことだけでなく、就職や普段の生活での相談にものってくれます。また、2クラスに分かれて実習などを進めていくため横のつながりも深まりやすく、食のイベントを通じて先輩や後輩との縦のつながりも深まります。


講義ピックアップ

運動生理学実験

運動時の生理学的反応や自身の身体組成や骨密度などを測定して考察します。これに加えて、運動指導ができるようになるため、学生相互にストレッチやリズム体操などの模擬指導を実施します。

実験・実習事前総合演習

本学科カリキュラムでは、実験や実習の授業が多く組まれています。この演習は、それらを受講するにあたり実験・実習に臨む姿勢や最低限必要な基礎知識、実験器具等の基本操作、実験・実習のノートやレポートの書き方などについて学び、理解を深めるための導入的内容となっています。

栄養教育論実習

栄養士業務の一つである栄養教育を行うためには、病気に関する知識、食事による健康の維持・増進と病気の予防や治療に関する知識、対象者の身体状況・栄養状態の測定法などを理解した上で、いかに対象者の指導にそれらの知識を活用するかが重要となります。この実習では栄養教育の知識と技術を学ぶとともに、その集大成として附属幼稚園の園児を対象に食育模擬授業を行います。

実践スポーツ栄養学

健康づくりのために運動に親しむ人や、アスリートを目指してトレーニングに励む人も多人など、それぞれの目的に応じた、栄養について学習します。

履修モデル

青色の科目は管理栄養士国家試験の受験資格科目です。

1年

科目区分科 目
教養科目 食物栄養科学基盤領域 ◎導入演習 ◎基礎演習
◎アカデミック・スキルズ ◎グローバル食文化研修I
地域社会総合領域 ◎大学史と別府大学
人間と文化探求領域 ◎職業の倫理学 ◎体育実技I ◎体育実技II
社会科学探求領域 ◎法学(日本国憲法)
自然科学・情報基盤領域 ◎細胞からみた生命 ◎情報リテラシーI
国際理解のための言語領域 ◎総合英語I ◎英語コミュニケーションI
◎総合英語II ◎英語コミュニケーションII
◎フランス語I ◎フランス語II
専門科目 専門基礎分野 解剖生理学 ◎解剖生理学実験 ◎生化学Ⅰ
医学概論・臨床医学入門 ◎食品学Ⅰ
食品学Ⅱ ◎食品学実験 ◎調理学
◎基礎調理実習 ◎調理実習
専門分野 基礎栄養学 ◎基礎栄養学実験
栄養教育論実習 ◎実験・実習事前総合演習

2年

科目区分科 目
専門科目 専門基礎分野 社会福祉論 ◎公衆衛生学Ⅰ
公衆衛生学Ⅱ ◎生化学Ⅱ
生化学実験 ◎運動生理学
病態生理学 ◎微生物学(生体防御を含む)
食品加工学  ◎食品加工学実習
◎食品衛生学実験 ◎応用調理実習
食品衛生学 ◎食品衛生学実験
専門分野 応用栄養学Ⅰ ◎応用栄養学Ⅱ
栄養教育論Ⅰ ◎臨床栄養学Ⅰ
公衆栄養学Ⅰ ◎給食経営管理論Ⅰ
給食経営管理論Ⅱ
特別演習 ◎管理栄養士演習Ⅰ ◎管理栄養士演習Ⅱ 

3年

科目区分科 目
専門科目 専門基礎分野 社会福祉援助技術実習 ◎運動生理学実験
調理学実験
専門分野 応用栄養学Ⅲ ◎応用栄養学実習 ◎実践栄養学実習
栄養カウンセリング論 ◎栄養カウンセリング実習
臨床栄養学Ⅱ ◎臨床栄養学Ⅲ ◎臨床福祉介護論
臨床栄養学実習 ◎臨床介護栄養実習
公衆栄養学Ⅱ ◎公衆栄養学実習
給食経営管理実習 ◎総合栄養マネジメント演習I
臨床栄養学臨地実習 ◎公衆栄養学臨地実習
給食運営臨地実習Ⅱ ◎地域栄養活動演習
特別演習 ◎管理栄養士発展演習Ⅰ ◎管理栄養士発展演習Ⅱ

4年

科目区分科 目
専門科目 専門基礎分野 健康管理概論
専門分野 総合栄養マネジメント演習Ⅱ
総合栄養マネジメント演習Ⅲ
専門演習 ◎実践専門演習Ⅰ ◎実践専門演習Ⅱ

取得可能な資格・免許状

  • 栄養士※1
  • 管理栄養士(国家試験受験資格)※1
  • 教員免許(栄養教諭一種免許状)※1
  • 食品衛生管理者※1
  • 食品衛生監視員※1
  • フードスペシャリスト(受験資格)
  • 司書※1

※1)編入学に関する注意

「管理栄養士国家試験受験資格」・「栄養士」・「栄養教諭一種免許状」・「食品衛生管理者・食品衛生監視員」・「司書」の取得を希望する場合、編入学以前に修得した単位の内容によっては、3年以上の在学を要することがあります。
「食品衛生管理者・食品衛生監視員」任用資格取得に必要な単位は、食品衛生管理者・食品衛生監視員養成施設相互間においてのみ認定できます。

卒業後の進路