食物栄養学科


食物栄養学科

学科概要

学生の声を反映したきめ細やかな学修支援体制

食物栄養学科コース

管理栄養士は国家試験に合格して取得できる食・栄養・健康に関する専門職の国家資格です。栄養士とは異なり、乳幼児から高齢者、妊婦、スポーツ選手、傷病者など、それぞれの個人に適切な栄養指導をすることができます。本学科では①社会のニーズに合わせて教育課程の見直しを定期的に行ない、学生の声も反映したより学びやすい実践的なカリキュラムによる授業を行っています。②地域住民と関わる授業や行事を積極的に取り入れることにより、学生の人間力向上に取り組んでいます。また、全国的な料理コンテストに積極的に挑戦することで実践力に磨きをかけ、それが学生の自信にもつながっています。さらに2年次の海外研修旅行(任意)では、フランスの専門学校ならではの調理技術などを学び、他の養成校では体験できない研修旅行を通じて学生の食文化への関心を広げています。食物栄養学科パンフレット

学びのポイント

POINT1

安心して学べる教育体制

学生が学びやすい新カリキュラム/クラス担任及び専任教員によるきめ細やかな学修サポート

POINT2

初年次から国家試験合格に向けて充実したサポート体制

特別対策講座/小テスト/模擬試験

POINT3

学内外との密度の濃い活動・体験を通じて実践力、対話力、人間力を養う学修支援

地域住民との交流活動/学内外各種行事・料理コンテスト/フランス研修旅行(希望者のみ)

学科の特色

管理栄養士への学年に応じた手厚い対策の取り組み

国家試験合格への充実したサポート体制

平成29年度 第32回管理栄養士合格率 93.8%(60名合格)

1~2年生

授業で基礎を固める


人体の構造と機能と疾病の成り立ち/食べ物と健康/基礎栄養学/応用栄養学/栄養教育論など

3年生

専任教員による
専門科目の授業

(臨床栄養学/公衆栄養学/給食経営管理論など)+国家試験対策演習(週1回)/模擬試験(年3回)

4年生

試験直前まで授業内外で
国家試験対策

特別対策講座(週3~5回)/小テスト(週1回)/模擬試験(年15回)/外部講師による対策講座(年5回)


様々な体験により実践力が身につく

湯けむり健康教室

湯けむり健康教室

3年次の授業の一環として、別府大学健康センターの協力のもと、地域住民への栄養教室を年8回開催しています。学生自身が食事調査等を行い、その結果から講義内容を考えていきます。実践的栄養指導を行うことで、人へ伝えることの難しさや楽しさを経験する貴重な場となっています。


別府大学生による料理コンテスト地域に発信!「別大ブランド食」

別大ブランド食

幅広い年齢層の地域住民を対象として健康増進の啓発に活用するため、健康・地域特産品・旬の食材・行事食・食文化・栄養バランスをキーワードに料理コンテストを企画しました。応募総数39作品の中から10組20名が最終選考に残り、かるめし部門、がつめし部門からそれぞれ最優秀作品等を選出しました。入賞作品は学食にて期間限定で販売され、大好評を得ました。


なでしこ大分(小学生女子サッカーチーム)調理実習

なでしこ大分(小学生女子サッカーチーム)調理実習

県サッカー協会の「なでしこ大分育成プロジェクト」の食育の一環として女子小学生向けに調理実習を行いました。児童は食物栄養学科の学生からマンツーマンで指導を受けながら、野菜が入った餃子の皮作りなどに挑戦し、サッカーがうまくなるために練習だけでなく、食事も大切だということを学びました。


料理教室

料理教室

地域の皆様に食べ物の大切さ、調理する楽しさ、食べ物についての新情報を知っていただくために、園児・児童と保護者、男性、高齢者向け料理に関心をお持ちの方を対象に、親子料理教室、男性のための料理教室と高齢者向け料理教室を開催しています。「親子間の距離が縮まった」、「知識が得られた」と大変好評です。


充実した入学前教育によるサポートと入学後も安心して学べるカリキュラム

入学前教育にて入学後に必要な知識や取り組み方を学び、スムーズな大学生活に入ることができます。苦手な科目にもしっかり学ぶことができます。遠方の方には、入学前課題を送付しています。
また、平成28年度より、学生の声も聞きながら、より学びやすい実践的な新カリキュラムによる授業を行っています。

高い実質就職率

平成28年度は卒業者81名中78名が就職し、実質就職率は96.3%と高い就職率でした。大分県内に就職した割合は66.7%であり、大分県内での管理栄養士としての就職に強みがあります。また、大分県内で公務員として活躍している卒業生は現在15名であり、徐々に増加しています。
仕事の悩みや転職または結婚、育児後の再就職などについても親身に対応しています。

4年間の学びの流れ

4年間の学びの流れ

私の大学生活

asano_ai.jpg
Student’s voice

"管理栄養士力"が鍛えられます。

食物栄養学科 
浅野 愛さん
大分県立羽室台高校(現大分県立別府翔青高校)出身
open

努力した分、やりがいも感じられます!

最終目標が"管理栄養士国家試験合格"ということもあり、他の学科に比べると授業数や課題なども多くあります。ですが、自分が努力した分だけ知識や調理技術が身につくので、間違いなく、やりがいを感じられる学科だと思います。1年次から基本をしっかり押さえておくと良いです!

学力を生かして...

3年次には、保健所実習と病院実習があり、実際に現場に出て栄養指導や調理を行います。地域の方や患者さまと直接かかわる機会も多く、大学では感じることの少ない緊張感があります。ですが、実習を通してコミュニケーションの取り方や他職種との連携など実際の現場を学ぶことができます。

将来に役立つ

調理実習等と講義、どちらにおいても将来に家庭を持った時や自分の家族に生かせる学習内容が多いと感じています。食は一生を通じて向き合っていくものだと思うので、まずは、"食への興味・関心"を持つことが大切だと思います。


kimoto_mai.jpg
Student’s voice

やりたいことは頑張れる。

食物栄養学科 
木本 舞さん
大分県立大分西高校出身
open

資格って、かっこいい

最初から自分の将来像が決まってなくてもいいと思います。「管理栄養士」や「フードスペシャリスト」、「食品衛生管理者・監視員」など、食物栄養学科で取得できる多くの資格は、将来を考えたり、就職活動をしていく中で、自分を大きく後押ししてくれるに違いありません。簡単に取れる資格ではありませんが、同じ方向を向く仲間の一生懸命な姿を見ると、案外自分も頑張れたりします(笑)。そうしているうちに、なりたい自分が見えてくるはずです。

実践が盛りだくさん!!

地域の高齢者や附属幼稚園の園児を対象とした食事調査や栄養指導等を行う授業があり、より実践的な勉強、経験ができます。仲間と協力し、楽しみながらも社会に出て、すぐに生かせそうな内容ばかりです。また、卒論研究でも自分の興味がある分野と実践的に追求できるため、将来への視野が広がるように思います。

サークル活動にも

大学といえば、「サークル」というイメージを持っている方もいると思います。食物栄養学科は、他の学科と比べて、授業数が多いため、所属しない人もいますが、サークルに入ると、他学部・他学年との交流が増すだけでなく、自分のスタイルに合わせて、スポーツや趣味に持ち込め、充実した時間が過ごせます。


saji_natsuki.jpg
Student’s voice

先生方のサポートと共に管理栄養士になるために"目的を持ち、意識して行動する"ことが大切です。

食物栄養学科 
幸 奈津希さん
大分県立大分雄城台高校出身
open

入学への不安

高校では、文系コースを選択していたため、大学に入学してから、食物栄養学科となると理系分野が中心となるため、周りについていけるか不安を感じていました。
しかし、入学前講座(入学前スクーリング)に参加し、入学する前に大学の先生方が化学や生物などの理系科目の講義をしていただいて、苦手意識がなくなり、今では得意分野となりました。
入学してからも、大学側のサポートがしっかりしているため、勉学に励むことができます。

大学生活のアドバイス

1,2年次は単位を落とさないことが大切だと思います。単位を落とさないためにも授業への出席と課題、テスト勉強が重要となってきます。
3年次は専門科目が主になり、「湯けむり健康教室」や臨地校外実習などの実習があるため、一つ一つしっかりと取り組み、そこから知識と経験を積んで今後に生かすことが大切です。
4年次は、国家試験対策や就職活動、また卒業論文といったすべきことがたくさんあります。そのためにも早めに取り掛かることをお勧めします。

講義ピックアップ

実験・実習事前総合演習

本学科カリキュラムでは、実験や実習の授業が多く組まれています。この演習は、それらを受講するにあたり実験・実習に臨む姿勢や最低限必要な基礎知識、実験器具等の基本操作、実験・実習のノートやレポートの書き方などについて学び、理解を深めるための導入的内容となっています。

栄養教育論実習

栄養士業務の一つである栄養教育を行うためには、病気に関する知識、食事による健康の維持・増進と病気の予防や治療に関する知識、対象者の身体状況・栄養状態の測定法などを理解した上で、いかに対象者の指導にそれらの知識を活用するかが重要となります。この実習では栄養教育の知識と技術を学ぶとともに、その集大成として附属幼稚園の園児を対象に食育模擬授業を行います。

実践スポーツ栄養学

健康づくりのために運動に親しむ人や、アスリートを目指してトレーニングに励む人も多人など、それぞれの目的に応じた、栄養について学習します。

履修モデル

青色の科目は管理栄養士国家試験の受験資格科目です。

1年

科目区分科 目
教養科目 基礎ゼミ ◎導入演習(食物栄養) ◎基礎演習(食物栄養)
英語 ◎総合英語Ⅰ ◎英語コミュニケーションⅠ
◎総合英語Ⅱ ◎英語コミュニケーションⅡ
人間の探求 ◎哲学における人間と世界
現代社会の理解 ◎法学(日本国憲法)  ◎科学と社会
科学技術と環境 ◎科学技術論
情報処理 ◎情報リテラシーⅠ ◎情報リテラシーⅡ
運動と健康 ◎体育実技Ⅰ ◎体育実技Ⅱ
国際理解のため ◎フランス語Ⅰ ◎フランス語Ⅱ
専門科目 基礎スキル科目 ◎一般化学
専門基礎分野 解剖生理学 ◎解剖生理学実験 ◎生化学Ⅰ
医学概論・臨床医学入門 ◎食品学Ⅰ
食品学Ⅱ ◎食品学実験 ◎調理学
◎基礎調理実習 ◎調理実習
専門分野 基礎栄養学 ◎基礎栄養学実験
栄養教育論実習 ◎実験・実習事前総合演習

2年

科目区分科 目
専門科目 専門基礎分野 社会福祉論 ◎公衆衛生学Ⅰ
公衆衛生学Ⅱ ◎生化学Ⅱ
生化学実験 ◎運動生理学
病態生理学 ◎微生物学(生体防御を含む)
食品加工学  ◎食品加工学実習
◎食品衛生学実験 ◎応用調理実習
食品衛生学 ◎食品衛生学実験
専門分野 応用栄養学Ⅰ ◎応用栄養学Ⅱ
栄養教育論Ⅰ ◎臨床栄養学Ⅰ
公衆栄養学Ⅰ ◎給食経営管理論Ⅰ
給食経営管理論Ⅱ
特別演習 ◎管理栄養士演習Ⅰ ◎管理栄養士演習Ⅱ 

3年

科目区分科 目
専門科目 基礎スキル科目 ◎栄養情報処理
専門基礎分野 社会福祉援助技術実習 ◎運動生理学実験
調理学実験
専門分野 応用栄養学Ⅲ ◎応用栄養学実習 ◎実践栄養学実習
栄養カウンセリング論 ◎栄養カウンセリング実習
臨床栄養学Ⅱ ◎臨床栄養学Ⅲ ◎臨床福祉介護論
臨床栄養学実習 ◎臨床介護栄養実習
公衆栄養学Ⅱ ◎公衆栄養学実習
給食経営管理実習 ◎総合栄養マネジメント演習I
臨床栄養学臨地実習 ◎公衆栄養学臨地実習
給食運営臨地実習Ⅱ ◎地域栄養活動演習
特別演習 ◎管理栄養士発展演習Ⅰ ◎管理栄養士発展演習Ⅱ

4年

科目区分科 目
専門科目 専門基礎分野 健康管理概論
専門分野 総合栄養マネジメント演習Ⅱ
総合栄養マネジメント演習Ⅲ
専門演習 ◎実践専門演習Ⅰ ◎実践専門演習Ⅱ

取得可能な資格・免許状

  • 栄養士※1
  • 管理栄養士(国家試験受験資格)※1
  • 教員免許(栄養教諭一種免許状)※1〔申請中〕(※2)
  • 食品衛生管理者※1
  • 食品衛生監視員※1
  • フードスペシャリスト(受験資格)
  • 司書※1

※1)編入学に関する注意

「管理栄養士国家試験受験資格」・「栄養士」・「栄養教諭一種免許状」・「食品衛生管理者・食品衛生監視員」・「司書」の取得を希望する場合、編入学以前に修得した単位の内容によっては、3年以上の在学を要することがあります。
「食品衛生管理者・食品衛生監視員」任用資格取得に必要な単位は、食品衛生管理者・食品衛生監視員養成施設相互間においてのみ認定できます。

※2)ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程が変更となる可能性があります。

卒業後の進路