イベント

講演会・シンポジウム「災害の過去・現在・未来 -天災と疫病と」

講演会・シンポジウム「災害の過去・現在・未来 -天災と疫病と」

 今年、新型コロナウィルスの世界的流行により、世界の状況は一変し、各国ともその対策に苦慮しています。そこで今年度、過去の天災、疫病について振り返り、将来への教訓を得るために、疫病の専門家である中島一敏氏による講演と本学教員を交えたシンポジウムを開催します。シンポジウムでは文化的、社会的、心理的影響や将来への展望についてそれぞれの専門家が議論します。

《お断り》
新型コロナウイルス感染の感染状況によっては、一般の方の来場をお断りする場合があります。一般の方の来場の可否については一週間前までに大学ホームページにてお知らせいたします。来場ができなくなった場合、または新型コロナウイルスの感染状況によって講演者が来県できなくなった場合、講演・シンポジウムともにオンライン動画により実施します。

来場可能となった場合、入場の際には、以下のようにさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
1. 検温を実施し、高熱のある方は入場をお断りさせていただきます。
2. 連絡先(氏名及び電話番号)のご記入をお願いします。(お預かりした個人情報は、保健所等公的機関による感染経路調査のために提供を求められた場合を除き他の目的には使用せず、個人情報保護法等に基づき厳重に管理します)
3. メイン会場の定員を60名とさせていただき、もしそれを超えた場合は、他会場でのビデオ視聴をお願いいたします。
4. 「3密」回避のため場内では所定の席にご着席ください。また、マスク着用のうえ、他の来場者とのソーシャル・ディスタンスにご留意ください。

 

開催日
2020年11月07日 13:00 〜 16:10
備考
終了時間は、16:10を予定しておりますが多少延びる可能性もあります
会場
別府大学メディア教育・研究センター4Fメディアホール
お問合わせ先等
別府大学食物栄養科学部事務室 TEL0977-66-9630(担当/首藤)

参考資料

 

[投稿日:2020年10月16日]