本学講習の特色

 別府大学は、1961(昭和36)年から文部大臣(現:文部科学大臣)の委嘱を受けて図書館法の規定による「司書・司書補講習」を開催しています。司書・司書補とは、図書館法第4条に規定されている図書館の専門的職員の名称で、その資格および講習については同法第5条、第6条に規定されています。2018(平成30)年度にこの講習を実施する大学は全国で7大学ありますが、その中で本学の歴史は古く、科目ごとの最適任者による講師陣、宿泊施設の充実、自然に恵まれた良好な教育環境などと相まって『司書講習の別府大学』として高い評価を受けています。

1.沿革

 1950(昭和25)年4月に図書館法が公布され、1951(昭和26)年6月から第6条に規定する「司書及び司書補の講習」が特定の大学において開催されるようになりました。
 別府大学に司書課程が設置されたのは1961(昭和36)年で、同年司書・司書補講習も始まりました。第1回講習の講師陣を見ると、福岡県立図書館長菊池租、同志社大学講師小野則秋、東京大学助教授裏田武夫、徳島県立図書館長蒲池正夫、宮崎県立図書館長日高一、鹿児島県立図書館長久保田彦穂(職名はいずれも当時)など、我が国の図書館界に大きな足跡を残した諸先生方が名を連ねています。このような斯界の権威を結集した講師陣は、別府大学司書・司書補講習の伝統として今日まで継承されています。

2.特色

(1)最適任者による講習

 本学教員をはじめ、科目ごとに最適任者を招聘し、講習の充実を図っています。

司書・司書補講習講義科目 >>

(2)クラス編成による授業

 司書の演習科目(「情報サービス演習」、「情報資源組織演習」)では、講師の指導が行き届くようクラスに分けて授業を行っています。

司書・司書補講習講義科目 >>

(3)特別講座(司書資格プラスα講座)の実施

 授業とは別に図書館の実務や読書活動の推進といった幅広い角度から知識や技術を身に付けられるよう、特別講座(特別講演・専門セミナー)を実施しています。

特別講演 >>


(4)半世紀にわたる伝統

 別府大学司書・司書補講習は、1961(昭和36)年に開講して以来、2018(平成30)年度で55回目の実施となります。地方にありながら、このように長期間継続できたということは、別府大学ならではの充実した講習内容が資格取得を目指す多くの人々に評価されてきたことを物語っているといえるでしょう。開講以来、2017(平成29)年度までの修了者数は、司書が6,912人、司書補が3,514人,あわせて10,426人に達しています。

年度別修了者数 >>