専攻科福祉専攻


専攻科福祉専攻の概要

介護のスペシャリストを養成

専攻科福祉専攻

現在、日本は超高齢化社会に入っています。そのために介護の専門家が多く必要とされています。このコースでは、短期大学や専門学校で「保育士」の養成課程を卒業した人が進学して、1年間で国家資格である「介護福祉士」の受験資格が取得できます。高い専門性と豊かな心を持った介護福祉士の養成を目指し、介護を必要とする人を理解し、その人らしい生活を支え、実現するために必要な幅広い知識・技術を学んでいきます。

高齢者施設・障がい者施設での実習など、実践的な技術を習得できるようなカリキュラムを編成しています。また、毎年抜群の就職率を誇っており、修了生たちは、介護福祉士・保育士・幼稚園教諭等の資格を生かして幅広い分野で活躍し、施設や社会でリーダーとしても活躍しています。

学びのポイント

POINT1

短大での「保育士資格」を基に、1年間で「介護福祉士」を養成。

POINT2

母体となる初等教育科・保育科や大学との密な連携により、創造的に福祉援助を実践できる環境

専攻の特色

社会から期待される実践的な学びで、高い就職率

介護福祉士(ケアワーカー)とは、高齢者や障害者・障害児に対して、適切な介護や援助を行うことができる福祉サービスの専門家です。また、その家族や介護者を支援・指導するのもその役割のひとつです。専攻科を巣立っていった修了生たちは各地の高齢者施設や障害児・者の施設で、介護福祉士として活躍するほか、在宅福祉の分野でホームヘルパーとしても働いています。現場で高い評価を得ており、毎年100%の就職率を誇っています。

講義ピックアップ

生活支援技術Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

尊厳の保持の視点から、どのような状態であっても、その人の自立・自律を尊重し、潜在能力を引き出したり見守りながら、安全に援助できる技術や知識について学習します

介護過程

利用者を主体とする生活支援活動の展開方法で、他の科目で学習した知識や技術を統合して、理論と実習体験を関連づけながら介護過程を展開することができる能力の育成をめざします。

認知症の理解

認知症に関する基礎知識を習得するとともに、認知症の特性を理解し、本人のみならず家族を含めた周囲の環境にも配慮した介護の視点を習得します。

専攻科福祉専攻 履修モデル

1年前期

科目区分科 目
専門科目 ◎介護概論 ◎社会の理解Ⅰ
◎生活支援技術Ⅰ ◎生活支援技術Ⅱ ◎生活支援技術Ⅲ
◎コミュニケーション技術Ⅰ ◎コミュニケーション技術Ⅱ ◎レクリエーション技術
◎介護の基本Ⅰ ◎介護の基本Ⅱ ◎介護過程総論
◎介護過程演習Ⅰ ◎介護過程演習Ⅱ ◎発達と老化の理解
◎障害の理解 ◎こころと体のしくみ ◎認知症の理解
◎介護総合演習Ⅰ ◎介護実習 ◎レクリエーション理論

1年後期

科目区分科 目
専門科目 ◎生活支援技術Ⅰ ◎生活支援技術Ⅱ ◎生活支援技術Ⅲ
◎総合生活演習 ◎介護の基本Ⅲ ◎介護過程演習Ⅲ
◎こころと体のしくみ ◎認知症の理解 ◎介護総合演習Ⅱ
◎介護実習

取得できる資格

  • 介護福祉士資格(平成29年度より国家試験受験資格)

卒業後の進路