センター試験利用入試

センター試験利用入試 (1期・2期・3期)

募集人員

センター利用1期:入学定員の8%

センター利用2期:入学定員の5%

センター利用3期:入学定員の2%

出願資格

次の1〜4のいずれかに該当する者

  1. 高等学校・中等教育学校を卒業した者、または2019年3月卒業見込みの者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者、または2019年3月修了見込みの者
  3. 文部科学省令により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者
  4. 本学において、個別の入学資格審査により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められ、2019年3月31日までに18歳に達する者

スケジュール

入試区分 出願期間 試験日 合否発表 手続締切 試験場
センター
利用1期
2/5(火)

2/14(木)
本学独自の
試験は
行いません
2/27(水)
10:00
3/15(金)
15:00
-
センター
利用2期
2/19(火)

2/28(木)
3/14(木)
10:00
3/22(金)
15:00
センター
利用3期
3/11(月)

3/18(月)
3/23(土)
10:00
3/26(火)
15:00

選抜方法

大学入試センター試験での得点を基に選抜する[センター試験過年度利用は平成30年、29、28年度が利用可(利用年度は自己申告)]。本学独自の試験は行わない。
志願者は、大学入試センター試験で本学出願に必要な科目を受験すること。

文学部

試験科目(配点:200点)

国際言語・文化学科

国語※1/地歴※2/公民※3/数学※4/理科※5/外国語(英語)※6 から2教科・2科目(または3科目) ただし国語または外国語(英語)を1教科1科目以上含める

史学・文化財学科

国語※1/地歴※2/公民※3/数学※4/理科※5/外国語(英語)※6 から2教科・2科目(または3科目) ただし地歴を1教科1科目含める

人間関係学科

国語※1/地歴※2/公民※3/数学※4/理科※5/外国語(英語)※6 から2教科・2科目(または3科目) ただし国語・公民・数学・外国語(英語)のいずれかを1教科1科目以上含める


国際経営学部

試験科目(配点:200点)

国際経営学科

国語※1/地歴※2/公民※3/数学※4(国際経営学部は、簿記・会計、情報関係基礎も含む)/理科※5/外国語※6 から2教科・2科目(または3科目) ただし国語・公民・外国語のいずれかを1教科1科目以上含める


食物栄養科学部

試験科目(配点:200点)

食物栄養学科

国語※1/地歴※2/公民※3/数学※4/理科※5/外国語(英語)※6 から2教科・2科目(または3科目) ただし国語・数学・理科・外国語(英語)のいずれかを1教科1科目以上含める

発酵食品学科

国語※1/地歴※2/公民※3/数学※4/理科※5/外国語(英語)※6 から2教科・2科目(または3科目)
ただし数学または理科を1教科1科目以上含める

センター試験における注意点
  • 3教科3科目以上を受験した場合は、得点上位の2教科2科目を合否判定に使用する
  • 地歴、公民、理科については第1及び第2解答科目の区別はしない
  • 数学及び理科については下記参照
  • 平成28〜30年度センター試験利用可(利用年度は自己申告)
センター試験における利用入試の科目について
※1
国語は、近代以降の文章100点、古文100点、漢文100点の中の最高得点で判定する(古文・漢文は50点を100点に換算する)
※2
地歴は世界史A、世界史B、日本史A、日本史B、地理A、地理Bから1科目
※3
公民は現社、倫、政経、倫・政経から1科目
※4
数学は数Ⅰ、数Ⅰ・数A、数Ⅱ、数Ⅱ・数Bから1科目、なお、国際経営学科は簿記・会計、情報関係基礎を含む
※5
理科は以下の2パターンのいずれかを選択
①物理基礎、化学基礎、生物基礎・地学基礎から2科目・各50点で100点、 ②物理、化学、生物、地学から1科目 ※①・②受験者は得点上位科目から1教科1科目(または2科目)
※6
外国語(英語)は英語(リスニング)は使用しない・200点満点を100点に換算する。なお、国際経営学科は、外国語(英語、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語)から1科目

奨学生試験について

センター試験利用入試 1期に出願する場合、奨学生試験が受験できます。
詳細はこちら

大学入試一覧


入試関連資料のダウンロード※2019年度版は準備が整い次第順次更新します。


お問い合わせ先

入試広報課

〒874-8501 大分県別府市北石垣82
Tel.0977-66-9666 Fax.0977-66-4565
e-mail bu-adm@beppu-u.ac.jp