イベント

国際経営学部10周年記念シンポジウム「地方創生における地方大学の役割」

国際経営学部10周年記念シンポジウム「地方創生における地方大学の役割」

 別府大学国際経営学部では、2019年4月に創設10周年を迎えるのを機に、記念事業の一環としてシンポジウム「地方創生における地方大学の役割」を開催します。本事業は、学校法人別府大学創立110周年記念事業の一環でもあります。
 シンポジウムでは、大分市出身で早稲田大学社会連携研究所所長(早稲田大学大学院教授)の友成真一氏を迎え、記念講演を行うとともに、長野恭紘別府市長、清田透大分合同新聞社上席執行役員・論説委員会委員長、中山昭則教授をパネリストに、パネルディスカッションも開催いたします。地域に根ざした本学における国際経営学部の位置付け・役割を地域のみなさんと考えていきます。
 多くの方のご参加を、お待ちしております。




テーマ
 「地方創生における地方大学の役割」

開催日時
 2018年12月1日(土)13時~15時50分

会場
 別府大学3号館ホール

プログラム
13:00 記念式典

13:30 記念講演
    友成 真一 氏
   (早稲田大学社会連携研究所所長・早稲田大学大学院教授)

14:20 シンポジウム
    <パネリスト>
    長野 恭紘 氏(別府市長)
    友成 真一 氏(早稲田大学社会連携研究所所長・早稲田大学大学院教授)
    清田  透 氏(大分合同新聞社上席執行役員・論説委員会委員長)
    中山 昭則  (別府大学国際経営学部長・教授)
     <コーディネーター>
    阿部 博光  (別府大学国際経営学科長・教授)

15:50 閉会

 

開催日
2018年12月01日 13:00 〜 15:50
会場
別府大学3号館ホール
お問合わせ先等
国際経営学科事務室 TEL:0977-66-5757 FAX:0977-66-0222

 

[投稿日:2018年8月24日]