デザイン&絵画コース

国際文化コース、マンガ・アニメ-ションコース、デザイン&絵画コースの3コースが統合し、平成30年度より「芸術表現コース」になります

コース概要

洞察力を持ち、豊かな表現力を身につける

デザイン&絵画コース

デザインコースと絵画コースを統合し、「デザイン&絵画コース」として27年度に新設しました。1、2年次は、美術の基礎としてデッサンを必須とし、ゼロから作品を生み出す力をつけます。3年次には、デザインと絵画に分かれ、卒業制作へと取り組みます。デザインと絵画それぞれの知識と実力を備えたクリエイターを目指します。

コースの特色

卒業制作

4年生の集大成として、卒業制作に取り組みます。制作を通じて自己と向き合い、自身の個性を最大限に表現した作品を完成させます。


国内の美術展への出品

これまで県内外の美術展に出品し、在学生や卒業生が多くの入賞を果たしています。

近年の受賞歴

  • 第23回けんしん美術展 審査員特別賞 
    「とある男」相良望人(絵画コース平成26年度卒業)

私の大学生活

デザイン絵画_松下依里香_8787.jpg
Student’s voice

自分の"居場所"で自由に創作できる。絵と向き合う"充実した時間"を感じられます。

デザイン&絵画コース 
松下 依里香さん
大分県立芸術緑丘高校出身
open

アトリエに引きこもり

思っていた以上に制作に充てる時間がありましたね。1・2年次でも自分たちのアトリエがあるので、19時過ぎぐらいまで自由にのびのび描かせてくれる環境は最高だと思いました。現在は10:00~20:00前ぐらいまで籠っていることもあります。目標の制作枚数に向けて一生懸命な日々です!

美しいものとは

単に絵を描くだけではなく、美術史を学ぶことができた点は大きな財産になりました。絵画や彫刻や建築作品から歴史を紐解いていく「西洋美術史概論」では、日ごろから"美しいものに敏感になる"ことを学びましたし、作品の背景を面白く解説してくれるため、新たな視点で作品と向き合うきっかけとなりました。

絵と見つめ合う

同学年の人たちはそれぞれ違う描き方をしています。画風は違いますが、お互いに相談に乗ったり、刺激し合える環境です。行き詰まることもありますが、そういう時もアトリエで絵を見つめています。そうしていると、自然と道が開ける時があります。先生の受け売りなんですけどね(笑)。


デザイン絵画_次郎丸まゆ_8122.jpg
Student’s voice

自分の五感で素材を集める。身の回りの様々なものがデザインのお手本になります。

デザイン&絵画コース 
次郎丸 まゆさん
大分県立高田高校出身
open

テーマは"冷麺"

デザインといえばPCばかりで作業するイメージがあるかもしれませんが、学外で調査し形にしていく講義もあります。テーマに合わせて自分の足で歩き回り、食べ比べ(笑)、「別府の観光マップ」にしていきます。色やデザインに加えて、"ランチに行ってもニオイが気にならない"等の女性目線ポイントも落とし込んでみました!

コース内コンペ

女性向けファッション雑誌を作り、コース内でコンペティションする講義もあります。商品をもとに再デザインしていきますが、タイトルやモデルを調整したり、雑誌の付録をモデルが持っているように作り変えたりしていきました。自分の作品が選ばれ、評価されることのうれしさは何ものにも代えられませんね(笑)。

戦略をもって表現する

自由に表現できる一方で、"どうしたらこの商品が売れるのか"という目線で作ることの難しさもまた魅力だと思います。お店に陳列されている商品のパッケージや歌番組のステージ装飾などを見ると"学んだからこそ気づく凄さ"に感動しつつ、自分の感性も磨いていきたいと再確認させられます。


デザイン絵画_ジュド_8145.jpg
Student’s voice

感覚や文化の違いを理解し、自分のスキルにしていく。"第3の目"で見る世界。

デザイン&絵画コース 
ジュド ディルシャンさん
スリランカ出身
open

異文化理解からデザインを考える

技術的な勉強も行っていきますが、教養科目として学習していく美術的な感覚や文化の違いが作品制作に大きく影響しています。例えば、絵画などの対象物を枠の中に全て納める西洋に比べ、日本では対象の一部のみ切り出して表現したりします。「2円切手」と「52円切手」の違いみたいな感じです。

"もしも"シリーズ

"もしデザイン会社に就職したら"というテーマで、実際にデザイン会社で働いている設定で作品を制作し、プレゼンテーションしていくものがあります。かなりレベルの高い内容ですが、ゼミの仲間と切磋琢磨して作品をブラッシュアップさせていける環境がデザインを学ぶ上で大切なのだと実感しています。

デザインとは

"世界を見る第3の目"ですね(笑)!対象物をデザインの力によって全く違うものに変化させるところに魅力や楽しさを感じます。卒業制作では、ロゴデザインとしてチラシやパンフレットを制作していますが、行く行くは"英語""日本語"のデザインに加えて、母国語の"シンハラ語"でもデザインしていきたいです。

講義ピックアップ

芸術総合基礎1

デザインの導入としての基礎を養う。パソコン学習が多いデザイン教育のなかにおいて、手作業を多用し、色彩構成、立体構成、デザインの基礎的考え方等に取り組みます。

デザイン演習2

最近の就職求人の多いWEBデザインを行います。WEBの基礎や言語などを学び、簡単なホームページを制作します。人気の高いWEBデザイナーになり、WEB会社等への就職を可能にします。

デッサンⅠ・Ⅱ

デッサンは、全ての造形表現の基礎となるものです。単に対象の表面の描写ではなく、形態、量塊、調子、動勢を観察し、対象の持つ空間感、構成力を培います。

絵画演習Ⅲ・Ⅳ

レンガ、土、砂、石膏、貝殻、木の葉、古布、新聞紙など、絵画の材料と思われない様々な物を見つけ出し、楽しみながらイメージの飛躍を試みます。

履修モデル

1年

科目区分科 目
教養科目 基礎ゼミ ◎導入演習(国際言語・文化) ◎基礎演習(国際言語・文化)
学際科目 ◎大学史と別府大学 ◎キャリア教育Ⅰ
コア1 ◎文学 ◎哲学 ◎心理学Ⅰ
◎心理学Ⅱ ◎体育実技Ⅰ ◎体育実技Ⅱ
コア2 ◎法学(日本国憲法) ◎社会生活概論 ◎国際文化論1
コア3 ◎生物学
コア4 ◎情報リテラシーⅠ ◎情報リテラシーⅡ
コア5 ◎英語1 ◎英語2 ◎英語3 ◎英語4
◎韓国語コミュニケーション1 ◎韓国語コミュニケーション2
専門科目 共通専門科目 ◎美術史概論 ◎デッサンⅠ
◎芸術総合基礎Ⅰ ◎芸術総合基礎Ⅱ
◎芸術総合基礎Ⅲ ◎芸術総合基礎Ⅳ
学科専門科目 ◎デッサンⅡ

2年

科目区分科 目
教養科目 学際科目 ◎ボランティア活動論
コア1 ◎世界文化史 ◎スポーツと健康
コア2 ◎社会学 ◎情報文化論 ◎国際関係論 ◎人権教育論
専門科目 共通専門科目 ◎生涯学習論Ⅰ ◎異文化共有論 ◎総合芸術Ⅰ
◎アートマネージメント ◎英文法1
演習科目 ◎発展演習1(国際言語・文化)
◎発展演習2(国際言語・文化)
学科専門科目 ◎基礎デザイン ◎デザイン概論 ◎デザイン基礎実習
◎デザイン実習Ⅰ ◎デザイン実習Ⅱ ◎芸術学概論
◎日本美術史概論(東洋)  ◎日本美術史概論(西洋)
コース専門科目 ◎CG演習Ⅰ ◎絵画基礎Ⅰ ◎絵画基礎Ⅱ

3年

科目区分科 目
教養科目 学際科目 ◎キャリア教育Ⅱ
専門科目 共通専門科目 ◎まちづくり特論 ◎視覚芸術論
演習科目 ◎専門演習1(デザイン) ◎専門演習2(デザイン)
学科専門科目 ◎造形演習Ⅰ ◎造形演習Ⅱ
コース専門
科目
◎デザイン実習Ⅲ ◎デザイン実習Ⅳ ◎デザイン演習Ⅲ
◎デザイン演習Ⅳ ◎画像計画 ◎空間構成 
◎色彩構成 ◎ビジュアルデザイン
◎絵画実習Ⅰ ◎絵画実習Ⅱ ◎絵画実習Ⅲ ◎絵画実習Ⅳ

4年

科目区分科 目
専門科目 演習科目 ◎卒業演習1(デザイン)
◎卒業演習2(デザイン)
学科専門科目 ◎日本美術史概論 ◎東洋美術史概論 ◎西洋美術史概論
コース専門
科目
◎CG演習Ⅱ ◎CG演習Ⅲ ◎卒業制作
◎絵画実習Ⅶ