書道コース

※「書道コース」の廃止にともない、2015年度新入生から書道コースの選択はできません。

コース概要

別府大学から世界へ広がる書の世界

書道コース

「楷書・行書・草書・隷書・篆書」の5つの書体を4年間前期後期に分配して学びます。丁寧な書道の専門学習を少人数で実施し、広い視野と、拓本を用いた日常の学習活動の中から正しいものを見ることのできる目を養っていきます。芸術家である書作家や国際感覚を備えた書道の教員や書塾の先生を目指します。

コースの特色

書道教員育成の実績

毎年、卒業生から高校の書道教員、講師・非常勤講師を輩出しており、県内外の高校で活躍しています。本コース出身の書塾の教師も多く、書道の普及にも貢献しています。


国内の書道展で入賞

「日展」や「毎日書道展」など、国内有数の書道展に毎年、在学生、卒業生が出品しており、これまで数多くの入賞を果たしました。

近年の受賞歴

  • 第45回日展 入選 藤本篤(平成13年卒業)
  • 平成26年度毎日書道展U-23 漢字Ⅰ類 毎日賞 山田千陽(平成27年卒業)

講義ピックアップ

芸術総合基礎Ⅰ

書学習の導入において基礎的な用語と、高等学校の芸術科書道の古典の教材となる人物や揮毫された書の名称を学びます。

書道史Ⅰ

中国の商(殷)代から日本を含めた現代までの書の歴史を説明します。篆書と隷書に触れることで史実と書の変遷を理解します。

楷書

篆書を理解するためには古文・甲骨文字を始め秦篆に至る書の学習が必要となります。篆書は総ての書体の基盤です。基本であり大切な用筆法の「蔵鋒」の生い立ちを学びます。

創作研究Ⅰ・Ⅱ

書の創作活動が主となる授業です。漢字書・かな書・漢字かな交じり書・一字書・墨象(前衛書)など、総ての書表現を理解し、創作の楽しさ伝えます。

履修モデル

1年

科目区分 科 目
教養科目 基礎ゼミ ◎導入演習(国際言語・文化) ◎基礎演習(国際言語・文化)
学際科目 ◎温泉学概論
コア1 ◎文学 ◎体育実技Ⅰ ◎体育実技Ⅱ
コア2 ◎法学(日本国憲法) ◎国際文化論Ⅰ ◎地域環境論
コア3 ◎生物学
コア4 ◎情報リテラシーⅠ ◎情報リテラシーⅡ
コア5 ◎英語1 ◎英語2 ◎英語3 ◎英語4
専門科目 共通専門科目 ◎書道概論Ⅰ ◎書道概論Ⅱ
◎漢字仮名交じり書(書写を含む) ◎楷書 ◎行書
◎考古学概論 ◎世界遺産概論 ◎世界史概論
◎芸術総合基礎Ⅰ ◎芸術総合基礎Ⅱ
◎国文学概論 ◎言語学概論

2年

科目区分 科 目
教養科目 コア2 ◎歴史学 ◎地域福祉論
コア5 ◎中国語基礎Ⅰ ◎中国語基礎Ⅱ
◎中国語コミュニケーション1
◎中国語コミュニケーション2
専門科目 共通専門科目 ◎総合芸術Ⅰ ◎総合芸術Ⅱ ◎博物館概論
演習科目 ◎発展演習1(国際言語・文化)
◎発展演習2(国際言語・文化)
学科専門科目 ◎日本文学史 ◎日本文学講義2(古典)
◎日本文学講義6(大分県の文学) ◎漢文学概論
◎日本語学講義2(日本語の語彙) ◎書の古典及び鑑賞学
◎超域文化論1(日本古典文化) ◎日本美術史概論
◎東洋美術史概論 ◎かな(書写を含む)
◎隷書(書写を含む) ◎書道史Ⅰ
◎書道史Ⅱ

3年

科目区分 科 目
教養科目 学際科目 ◎市民生活とアーカイブズ
コア1 ◎日本文化史 ◎心理学Ⅰ ◎心理学Ⅱ
コア2 ◎社会学
専門科目 共通専門科目 ◎日本史概論Ⅰ ◎日本史概論Ⅱ
演習科目 ◎専門演習1(書道) ◎専門演習2(書道)
学科専門科目 ◎漢文学特論1 ◎漢文学特論2 ◎古代漢語
◎草書(書写を含む) ◎篆書(書写を含む)
◎篆刻(書写を含む)
◎創作研究Ⅰ ◎創作研究Ⅱ

4年

科目区分 科 目
専門科目 演習科目 ◎卒業演習1(書道)
◎卒業演習2(書道)
学科専門科目 ◎書論Ⅰ ◎書論Ⅱ
コース専門
科目
◎卒業論文